個人信用機関は、クレジットやローンに関する情報を保管しています。

キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像 キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像

ブラックリストに載るとローンが組めない!信用の回復には5年かかる

クレジット会社を利用した、利用者の申し込み情報や支払い状況等を集約する機関のことを、信用情報機関(CIC)といいます。個人の入金状況が独自の記号で区分けされ、延滞するとブラックリストに載り新しいローンが組めなくなります。

信用情報機関とは

信用情報機関はクレジットやローンの情報を収集・管理しています。

もっとも有名な信用情報機関「CIC」を例に挙げます。
CICとは「credit information center」の略で、クレジットやローンに関するあらゆる情報を収集し、保管している機関となります。

CICに加盟しているクレジット会社を利用すると、利用者の申込み情報や支払い状況、残高などが記録されます。

キャシュラインプラスのスタッフ

これらの情報は一体なんのために収集されているのでしょうか。

情報を登録する目的

CICに加盟しているクレジット会社は、利用者の情報をCICに提供する代わりに、あらゆるタイミングでその情報を照会することが可能です。

例えば、新規で大きなローンを組もうとする時、原則として「クレジット会社の審査」があります。
この審査とは、要するにクレジット会社がCICに利用者の信用情報を照会し、これまでの支払い情報などに問題がないかのチェックをしていることを意味します。
つまり、過去に延滞などを頻繁にしていた場合は「債務不履行の可能性がある」とみなされ融資を断られてしまうのです。

このように、加盟しているクレジット会社が不当なリスクを背負うことにならないよう、互いに情報を共有することを目的に、信用情報機関は運営されています。

登録される情報

信用情報機関に登録される情報は多岐に渡ります。
氏名、生年月日、性別、電話番号、住所、勤務先など個人を識別するためのものから、契約した内容の詳細、その後の支払いや入金の状況などです。

特に重要になるのがこの「入金の状況」で、ここに何らかの瑕疵があるとその後の審査に影響が出ると言われています。
なお、入金の状況は各月ごとに以下の記号で区分けされます。

「入金の状況」を表す記号とその内容
記号 内容
$ 請求通り(もしくはそれ以上)の入金があった
P 請求額の一部が入金された
R お客様以外から入金があった
A お客様の事情で約束の日に入金がなかった(未入金)
B お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因がわからない
- 請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)
空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)

※お客様からクレジット会社等への入金を記号で表示
※一番左が最新の状況で、右にすすむ程過去に遡り24ヶ月表示

「$」「-」「空欄」この3つ以外の記号が付いていると「問題あり」と見なされます。
もちろん審査の厳しさは利用対象によって変わってきますが、住宅ローンなど厳しいものであれば、過去に一つでも瑕疵があればまず審査には通らないでしょう。

ブラックリストに載る

延滞などを繰り返すと「ブラックリスト」に載ってしまうという話を聞いたことはありませんか?
このブラックリストとは一体どういったものなのでしょう。

実は実際に黒いリストが存在するわけではなく、信用情報機関において履歴に傷がたくさん付いてしまった状態を業界用語で「ブラックリストに載る」と呼ぶのです。
延滞や請求そのものを無視して支払いをしないでいると、信用情報機関での記録が「A」「B」「C」で埋め尽くされ、要注意人物として各クレジット会社に注意喚起が促されます。

こうなってしまうと元の状態に戻すには、しっかり返済をして残債を0にしてから、さらに5年以上の経過が必要となります。(※信用情報機関によって期間は異なります)
その時は軽い気持ちでしたたった一度の延滞が、後々の人生に大きな影響を及ぼすこともある、ということです。

個人でも情報開示できる

信用情報は、上記のようにクレジット会社が審査のために照会するだけのためにあるわけではありません。
意外と知られていないのですが、自分の信用情報を照会することも可能です。

CICのホームページをご覧いただければわかるように、窓口や郵送から、PC・スマホでの開示まで対応しています。
自分の信用情報が気になる方は、一度開示請求してみてはいかがでしょうか?

キャシュラインプラスのスタッフ

情報の開示には1件につき1000円の手数料がかかり、こちらはクレジットカード払いのみの対応ですので注意が必要です。

【参考サイト】
CIC公式ホームページ
https://www.cic.co.jp/
JICC公式ホームページ
https://www.jicc.co.jp/

過払い金請求をするとどうなる?

「過払い金」とは、アナタが貸金業者に対して払いすぎていたお金のことです。
2010年6月の改正貸金業法の施行により金利の上限金額が大幅に引き下げられた結果、一部の貸金業者の間で過払金が発生しました。

払いすぎたお金を返して貰う手続きを“過払い金請求”と呼びますが、お金が戻ってくるというメリットの半面でブラックリストに登録されるというデメリットがあります。

利用期間が長いほど金額も多い

当時の出資法は最大利息29.2%、現在の利息制限法の最大金利は20%なので、その差を比較しても実に9.2%の過払い利息が発生しています。
当時の借金をゆっくり返済していた(利用期間が長い)人ほど利息を払いすぎている可能性が高く、戻ってくるお金は大きくなる見込みです。

なお、過払い金請求は払いすぎた利息を取り返すための手続きですので、払いすぎていた事実があれば、その時点で返金の請求ができます。
つまり“借金を返済中でも過払い金請求によりお金を取り戻すことができる”のです。

信用情報に記載される

過払い金請求の最大のデメリットは“ブラックリストに載る”ことです。(正しくは法律家の介入が信用情報に記載される)

最も日常的な弊害としては「クレジットカードが作れなくなる」などが挙げられますが、実は必ずしも信用情報に記載されるわけではありません。
信用情報に記載されるのは返済中の債務に何らかの効果が発生した場合に限られます。

つまり“完済後”に過払い金請求を行えば信用情報に記載されることはありません。
いずれにせよ信用情報に記載されてしまうと5~10年はクレジットカードが作れなくなってしまいますので、事前に専門家にご相談ください。