ショッピング枠現金化はクレジットカード会社にバレないよう対策する必要があります。

キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像 キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像

知っておきたいリスクと対策法!ショッピング枠現金化の嘘と本当

ショッピング枠現金化はクレジットカード会社の規約違反になり、発覚下時点で利用停止になる可能性があります。違法行為ではならないものの、強制的な解約や残債の即時支払を要求されることがあるので、利用には十分注意して下さい。

規約違反への懸念

ショッピング枠現金化はクレジットカードの規約違反って本当?

各クレジットカード会社は、契約時に必ず利用規約をユーザーに確認させ、それに同意を得た上で新規のクレジットカードを発行しています。
この利用規約の中に現金化を目的とした利用を禁ずる旨がはっきりと書かれておりますので、ショッピング枠現金化は明確な規約違反です。

では、規約違反をすると一体どのような影響が出るのか、対策方法はあるのか等について詳しく見ていきましょう。

規約違反のペナルティ

規約違反が発覚すると、当該クレジットカードの利用停止・退会処分等のペナルティを受ける可能性があります。
ただし、これはクレジットカード会社が規約違反への確固たる確信を持っている場合に限りますので、ここまで重い処分が課されることはまずありません

現金の振込みなどのやり取りはクレジットカード会社側には分からないため、実際には故意に現金化をしたのかそうでないかを見抜くのは困難なためです。

キャシュラインプラスのスタッフ

しっかりとした手順を踏んで現金化をしてくれる信頼できる業者を選ぶ限りは、このような心配はまずないでしょう。

利用者が罪に問われる可能性

結論から申し上げますとショッピング枠現金化の通常の利用で利用者が罪に問われることはありません。

何故「通常の利用」と添えたかと言うと、はじめから破産するつもりでクレジットカードを大量に作っていた場合は詐欺罪に問われる可能性があるためです。(取り込み詐欺という行為に当たります。)
利用したショッピング枠はクレジットカード会社が負担することになりますので、お金を騙し取ったのと変わりません。

また、クレジットカードで商品を購入した場合、ローンの支払いが完了するまではその所有権はクレジットカード会社に帰属します。
つまり、カード会社が所有しているものを勝手に売却してその対価として現金を得るという行為は、横領罪にあたる可能性があります。

業者側の対策

この要件に当てはまらないようにするため、最近では「商品を買い取る」のではなく「キャッシュバック付き商品を購入してもらう」という方法を多くのショッピング枠現金化業者が採用しています。

この方法であれば、商品をショッピング枠現金化業者に引き渡す必要がありませんので、横領に当たらないことはもちろん、商品授受の手間を省略することが可能です。

キャシュラインプラスのスタッフ

クレジットカード会社側からは単なる商品購入の利用にしか見えませんので、現金化が発覚することはまずありません。

以上のようにショッピング枠現金化にはリスクが伴いますが、業者側も多くの対策を講じており、規約違反としてペナルティが課せられる可能性は非常に低いと言えます。

しかしながら、実際にトラブルに陥ってしまったとき害を被るのは実際に利用した人です。 即座に現金が手に入る利便性は魅力的ですが、メリットの部分だけに気を取られてはいけません。
可能性も含め、リスクをしっかり理解した上で慎重に検討してください。