ショッピング枠現金化の換金率は、優良な業者選びにおいて重要な指標です。

キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像 キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像

実際の換金率は75~80%が妥当!手数料と称し引かれる金額

換金率98%以上!こういった文言を現金化業者の運営サイトでよく見かけますが、実際は手数料が引かれ75~80%程です。その内訳をきちんと説明してくれるかどうかが、優良な業者を見分けるポイントです。ショッピング枠現金化をする前に自分で把握しておきましょう。

リアルな換金率

ショッピング枠現金化の本当の換金率

ショッピング枠現金化の各運営サイトを見てみると、その多くが「95%以上」を最大換金率として掲げていますね。

しかし、この数字を安易に信じてはいけません
もちろん明らかな嘘を書いてしまうと大きな問題となってしまいますが、そこには巧妙なカラクリと意図があります。

こちらのページでは、ショッピング枠現金化のリアルな換金率について解説していきます。

95%以上の換金率は難しい

キャシュラインプラスのスタッフ

残念ながら「最大換金率95%」などとアピールしていても、実際にこの換金率で現金化ができることはありません。

なぜならば、ショッピング枠現金化業者は換金率によって生まれる差額を手数料として、それを利益にして運営しているためです。

仮に95%の換金率で10万円分を現金化するとなると、手数料は5千円となる計算です。

ショッピング枠現金化業者の多くは現在インターネット広告で集客しており、公式サイトを1クリックされるだけで数百円~数千円の広告費が発生します。
そのため、このような換金率ではまず運営することはできません。

さらに、消費者金融のように貸し付けた後に長期間利息を取れるわけでもなく、1件1件が単発で完結するショッピング枠現金化においてこの利益率では運営は不可能です。

実際は70~85%

実際の換金率はおおよそ75%から良くて85%程度です。
つまり上記の例であれば1万5千円から2万円程度が業者の手数料として取っていると見てよいでしょう。

なお、業者側には「換金率は嘘ではありません」と主張するための建前を用意しています。(その建前に利用者が納得するかどうかはさておき)

例えば「換金率は95%ですが、そこから商品送料・振り込み手数料・消費税・システム手数料諸々を差し引くと80%になる」といった形です。
正直申し上げまして、システム手数料等はなぜこちらが負担しなければならないのか、と言いたくなってしまいますね。

もちろん、最終的に利用するか否かの判断は利用者に委ねられますので、説明を聞いてどうしても納得できない場合は断ることも可能です。

キャシュラインプラスのスタッフ

なお、これらの説明が曖昧又は全くない業者は論外です。

悪質な業者の可能性が高く、何も指摘しなければさらに低い換金率で取引を進められる・約束したお金が振り込まれないといった可能性も否定できません。

なぜこのような表記が多い?

ショッピング枠現金化業者を選ぶ上で「換金率」は大変重要です。
業者側としては当然少しでも多くの方に利用してもらいたいので、換金率のアピール合戦は日を追うごとに激しくなっていきます。
その結果、現在のような現実的ではない数字が並ぶようになってしまったのです。

換金率の高さに惹かれてお問い合わせをする方は多いと存じますが、決して換金率だけに目を奪われていてはいけません。
ある程度換金率の相場を事前に理解した上で、取引の前にその説明を明確にわかりやすくしてくれるかどうか、そこが優良な業者選びにおいては重要な指標となります。

なお、当サイトが提携しているショッピング枠現金化業者は利用特典として実質換金率80%を保証しておりますので、紹介をご希望の方は是非ともお気軽にご相談くださいませ。