借金にはいくつかの性質がありますが、ショッピング枠現金化はどうでしょうか?

キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像 キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像

ギャンブルは悪い借金の代表!負のループに陥り後の破滅に繋がるケースも

良い借金と悪い借金の判断基準を紹介しています。捨て鉢のギャンブルやショッピング枠現金化はどちらになるか、今後のためにも把握しておくと良いでしょう。お金は自分の身の丈にあった範囲で使うことが一番大切です。

借金の性質

どのように使うかで変わる借金の性質

このサイトを訪れている方の大半は借金の経験があり、今現在も借金に苦しんでいる状態かと思います。

昔に比べてクレジットカードの普及率も格段に上がり、インターネットでちょっとしたショッピングを楽しむ機会も多くなりました。
そのため、ついつい使いすぎてしまう・気軽にキャッシングしてしまうという方が増えたように感じております。
自覚はないかもしれませんが、これも借金の一つであることには違いはありません。

もちろん、クレジットカードは非常に便利なものであり、インターネットが当たり前となった現代の生活に於いて欠かせない存在です。
そういった意味では、今の時代「借金は良くないもの」「借金はするべきではない」と一概には言えなくなってきています。

つまり、借金にはいくつかの性質があり、「良い借金」「悪い借金」があるのです。
この違いを理解せずに無計画なお金の使い方をしていると、破滅へと突き進むことになってしまいます。

キャシュラインプラスのスタッフ

まずは借金の性質について詳しく知っておきましょう。

良い借金とは

例えば家やマンションを購入する時、多くの方はローンを組むかと思います。
これは典型的な「良い借金」と言えるでしょう。

家やマンションはローンを払い終わった時点で所有権が購入者へと完全に移り、それは大きな資産となります。
将来の自分の資産となることを見越して、今の収入や貯蓄から無理のない返済が可能かを精査した上でローンを組むこと、これは決して悪いことではありません。
もちろん、一括で買うだけの貯蓄があるのであればわざわざローンを組んで借金を組む必要はありませんが、それが可能な人は限られてくるはずです。

また、色々と問題が取り沙汰される「奨学金」ですが、こちらも借金の性質という観点から見る限りは「良い借金」に分類されると考えます。
学費を借りることにより、本来であれば得ることの出来ない学歴や知識を得て、良い会社に就職するなり資格を取って高収入を得る。
将来の自分に対する投資の意味合いを持った借金、それが奨学金なのです。

キャシュラインプラスのスタッフ

勉強という学生本来の目的を見失った時点で、奨学金は悪性の借金へと成り下がる、という点には注意が必要です。

金利も決して安くなく、返済も大変ですので安易に借りることができる今の仕組みには問題があるかもしれません。

してはいけない・悪い借金

では反対に「悪い借金」とはどういったものでしょうか。
簡単に言ってしまえば“娯楽やギャンブルによる借入”といったような、将来の資産へと繋がらない・計画的に節約ができていれば防げた借金が挙げられます。

誤解しないでいただきたいのは、娯楽やギャンブルを否定しているわけではない、ということです。
これらはそれぞれが金銭的に余裕のある範囲で適度に楽しむ限りは害のないものと考えています。

しかし、身の丈に合わない遊び方をしてしまい、その結果足りなくなったお金をキャッシングなどで安易に賄おうとする人が多いのも一つの事実です。

キャシュラインプラスのスタッフ

勝ってすぐに返そう、そんな風に思って借りている人もいるかもしれませんが、ギャンブルで勝ったお金は大半がまたギャンブルに消えてしまいます。

そしてまた借りる、という負のループへの入り口となる、これが「悪い借金」の特性とも言えるでしょう。

では、ショッピング枠現金化は?

ショッピング枠現金化を利用する理由、それは人それぞれです。
もしすでに「悪い借金」を重ねていて、それを根本から解決するために使うのであればそれは「良い借金」になりますし、ただの一時凌ぎのために使うのであれば、それは「悪い借金」をさらに重ねるだけの行為となります。

お金がない、借りるアテもないからと安易に飛びつくのではなく、もう一度現金化したお金の使い道や返済など、今後のプランを整理してみると良いでしょう。
その整理ができないうちに利用しても、傷口を広げるだけとなる可能性が高いです。

ショッピング枠現金化で得たお金を何に使うべきなのか、しっかりと計画を立てた上で利用するようにしてください。