ショッピング枠現金化の違法ではないものの規約違反に該当します。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

ショッピング枠現金化の利用は違法?

結論から先に言えば、ショッピング枠現金化は違法ではありません。
どこを探してもその行為を禁止するような条文は見当たらないですし、現金化を直接的な違法行為と見做して摘発された例などはありません。

 

 

違法ではない、つまり合法だからと言ってそれだけで安心しきって良いのかと言うと、それもまた違います。


違法ではない、つまり合法だからと言ってそれだけで安心しきって良いのかと言うと、それもまた違います。

 


 

クレジット会社の規約違反である

携帯を操作するサラリーマンと禁止マーク

ショッピング枠現金化は、いずれのクレジットカード会社においても利用規約で禁止されています。
この規約に法的拘束力はありませんが、違反を理由にクレジット会社の裁量で利用停止や解約などの措置を採ることはできます。

 

とはいえ、クレジット会社からしてみると、利用者が最初から現金化目的で決済をしているのかどうかを見極め、またそれを立証するのは難しく、実際に規約違反として処理されるケースは稀なようです。
しかしながら、クレジット会社が意図的な規約違反を詐欺や横領での告発へとつなげる可能性は完全に0とは言い切れません。

 

>>規約違反で懸念されることとは

 

取引の仕方次第で業者は違法性を問われる

ショッピング枠現金化とは一般的に、業者が用意した商品を利用者がクレジットカードで購入し、それを業者が買い取ることにより、その代金を利用者に現金で振り込むことによって成り立ちます。
まず最初に「商品の売買」という取引が前提となっているため、大抵の業者は古物商の許可を取っています。

 

あくまで商品の売買をしている、という建前を作るためのものです。
しかし、過去にはこの商取引の過程を省略して、クレジットカードの決済と現金の受け渡しのみを行った業者が摘発された事例がありました。
これはどうゆうことかと言うと、商品の売買がないにも関わらず現金の代償としてカード決済を行わせたのは、要するに貸付だと見做されたのです。

 

ショッピング枠現金化の一般的な換金率を年利になおすとかなりの暴利になることは言うまでもありません。
貸金業の無許可営業に加え、利息制限法や出資法にも抵触する違法行為とされ、摘発に至ったのです。

 

>>ショッピング枠現金化本当の換金率

 

利用は自己責任

借金のある人形が他の人形を追いかける様子

まとめると、ショッピング枠現金化という行為自体に違法性はないため、利用者がそれで罪に問われることはないです。
しかしながら、カード会社の規約違反となることは否定できず、それによる利用停止や解約の可能性はある、と言えます。

 

実際にそこまで発展するケースは稀とは言え、ショッピング枠現金化の利用はそこまでのリスクを理解した上で慎重に判断する必要はあるでしょう。
また、これから先この手の現金化サービスに対しても規制がかかる可能性もあります。

 

今は違法ではなくても、将来的にそうでなくなることも充分に考えられるため、常に確認を怠らないよう心掛けましょう。
そしてこれらの面で少しでも不安を感じる方には、ショッピング枠現金化の利用はおすすめしません。
リスクがあるのは事実であり、それを受け入れるかどうかも含めて利用に関してはすべて自己責任となります。

 

 

リスクを許容して利用するか、それともやめておくかは慎重に決めましょう。


リスクを許容して利用するか、それともやめておくかは慎重に決めましょう。