クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いを知っておきましょう。

キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像 キャッシュラインプラス公式サイトのヘッダー画像

キャッシングには大きなデメリットが!ショッピング枠現金化の仕組み

クレジットカードにあるショッピング枠とキャッシング枠、2つの利用枠の違いをまとめています。カード会社が支払いを一時的に立て替えてくれる仕組みを利用して生まれたのがショッピング枠現金化です。周囲の人に借金がバレたくない場面で利用出来るメリットがあります。

ショッピング枠現金化とは

クレジットカードの仕組みを上手く利用するショッピング枠現金化
キャシュラインプラスのスタッフ

ショッピング枠現金化について何も知らない…
という方のために、当ページでは「現金化の仕組み」を解説したいと思います。

ショッピング枠とキャッシング枠

まずはクレジットカードの「枠」からご説明いたします。

クレジットカードには大抵の場合、「ショッピング枠」「キャッシング枠」という二種類の利用枠が所得に応じて設定されています。
予め上限を定めておくのは、利用し過ぎを防ぐために他なりません。
なお、キャッシングは直接現金を借り入れることができる枠なので、お金に困った場合はまずこちらを利用するのが一般的です。

もちろん、スムーズに返済できれば問題ありませんが、すべての方がそう上手くいく訳ではありません。
「キャッシングを重ねた結果、利用限度額まで達してしまった」
するとそれ以降、そのクレジットカードでのキャッシングはできなくなってしまいます。

利用限度額を上げてもらう、他社のカードを作ってさらにキャッシングするといった方法もありますが、申し込みを一度に行うとブラックとなってしまう恐れがあります。

ショッピング枠現金化の仕組み

そんな時に利用できるのが「ショッピング枠現金化」です。
クレジットカード現金化のショッピング枠とは、その名の通りショッピングの際に利用することができる利用枠を指します。

クレジットカード会社が支払いを一時的に立て替えてくれるため、ショッピング枠を使えばその場で現金を持ち合わせていなくても商品を購入することが可能です。
この仕組みを利用して生まれたのが、ショッピング枠現金化というサービスです。

ショッピング枠現金化の仕組み

①ショッピング枠現金化業者が指定する商品購入する。
②この商品をショッピング枠現金化業者が買い取る。
(または商品自体にキャッシュバックが設定されていて、利用者へそのお金が振り込まれる。)
③クレジットカード会社からショッピング枠現金化業者に決済される。
④利用者は後日クレジットカード会社に商品分の代金を支払う。

という流れです。

こうして利用者は現金を得ることができる訳ですが、忘れてはいけないのはクレジットカード会社へ後日代金を支払わねばならないという点です。
計画も無いままただ利用してしまうと状況を悪化させてしまう恐れもありますので、利用には十分な検討が必要と言えます。

敢えてショッピング枠現金化を利用する人も

原則としてキャッシング枠が先に無くなってしまうとお伝えしましたが、あえてショッピング枠現金化を利用する人もいます。
キャッシングは言わば直接的な借金であり、利用すると信用情報機関に記録が残ります。

信用情報機関に関する記述はこちら

信用情報機関に借り入れや返済における延滞などの記録が残ってしまうと、住宅ローンや事業資金として申請した銀行融資の審査が通らないというデメリットが生じます。

また、引越し・新たにクレジットカードを作る・スマートフォンの買い換えなど、様々な場面で「審査」があり、都度この信用情報機関へ対象者の情報照会がされています。
この時に過去に滞納や借金の履歴が残っていれば、それだけで審査が不利に働く可能性があるのです。

家族に内緒でお金を用意したい際に

家族に借金がバレないようにするためにキャッシングを避ける方もいます。
クレジットカードの利用状況は毎月明細が発行され、記録として残ります。

キャシュラインプラスのスタッフ

明細の郵送は止めることができたとしても、記録自体の消去や改ざんをすることはできません。

つまり、キャッシングの履歴を家族に見られてしまえば即バレてしまうということを意味します。

その点、ショッピング枠現金化であれば明細に残るのはネットショッピングの記録のみですので、仮にみられてしまってもバレる可能性は低いでしょう。
こういった点も、ショッピング枠現金化利用メリットの一つと言えます。