※弊社は金融行為を一切行っておりません

スマホのキャリア決済を利用した現金化とは?

キャリア決済の利用限度額は契約期間によって異なる

キャリア決済は、キャリアと呼ばれている携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなど)と契約していることで、利用することができます。
クレジットカードでいうところのショッピング枠のようなもので、利用限度額の中で利用することができます。

支払いは携帯料金と共に、口座引き落としやコンビニ支払いなどで支払います。
支払いが後で良いというなので、先に商品をキャリア決済で購入して、その商品を転売することで現金を得る、「現金化」を行うことができるのです

各キャリアごとに利用限度額が決まっています。
ドコモとauは1~10万円、ソフトバンクは2~10万円で、契約したばかりだと1~2万円で、契約年数が長くなると利用限度額も増えていく仕組みです

最大10万円ですが、クレジットカードを持っていない人や審査に通らない人にとっては大きな金額と言えるのではないでしょうか。

キャリア決済はプリペイドカードを利用する

キャリア決済を利用した現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用した方法と同様に行います。

最初に利用限度額の中で、最も高額でかつ高い換金率の商品を選びます。
探してみると金券や商品券が、それに適した商品であるとたどり着くと思います。
やはり商品券は転売できますし、使用期限はありますが経年劣化はありませんしね。

金券・商品券の中でも、近年人気なのがAmazonギフト券です
利用者が多いので、買取サイトなどで高い換金率で買い取ってくれるからです。
ではAmazonギフト券をキャリア決済で購入を、となりますがキャリア決済では購入することはできません。

どうやって購入するのかというと、ドコモ、au、ソフトバンクが発行しているプリペイドカードにキャリア決済にてチャージして、そのプリペイドカードでAmazonギフト券を購入します
購入後に買取サイトで売却すれば現金が手に入ります。

キャリア決済による現金化の危険性

スマホのキャリア決済による現金化を行うにあたって、危険性はないのでしょうか。

まず挙げられるのは、キャリア決済の支払いは携帯料金と一括で行わなければならない、ということです
クレジットカードのショッピング枠であれば、支払いに困ったらリボ払いや分割払いを選択できますが、必ず一括で支払わなければなりません。
携帯をその月で使い過ぎてた場合は、さらに影響が出てしまいますよね。

また、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化のように、キャリア決済による現金化も携帯電話各社から禁止となっています。
携帯電話各社に現金化が判明した場合は、スマホの利用停止や解約の対応をとられる恐れがあります
キャリア決済を行う時は少額から行うなど、注意が必要です。

まとめ

スマホのキャリア決済の現金化についてご紹介しました。

プリペイドカードにキャリア決済によるチャージによって入金することで、Amazonギフト券を購入し転売することで現金化ができます。
ですが、キャリア決済の利用額は一括で支払わなければならず、各携帯電話会社も現金化を禁止しているため危険性があります。

危険性が低い形で現金化を望む人は、クレジットカードのショッピング枠の現金化を行うと良いでしょう。
安全かつ短時間で現金が手に入ります。
クレジットカードの利用停止のような危険性も低く行えます。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る