※弊社は金融行為を一切行っておりません

iTunesカード購入には危険が潜む!クレジットカードを利用する際に注意する事とは?

クレジットカードが対応しているかはとても大切!

iTunesカードは、今や様々な場所で購入することができます。
身近な場所で言うと、コンビニエンスストアでも購入することができるのです。
そのため、気軽に課金や買い物に活用することができるので、気になったらすぐに購入していませんか?

家電量販店などで購入すれば、安く購入することもできるようです。
稀に、10%オフキャンペーンを開催している量販店もありますので、そういった場所では使う分を少し多めに購入したい、という方もいますよね。

そうなると、多くの出費になりますから、いきなり大きい額のお金を使うわけには…と考える人もいるでしょう。
そういった場合は、クレジットカードでも購入することができます。

大手の家電量販店であれば、会計時にクレジットカードを利用することができます。
家電量販店だけでなく、アップルストアやオンライン、コストコなどでもクレジットカードを利用しての購入が可能です。

しかし、それ以外ではクレジットカードの利用ができるかは、店舗によります。
まずは購入前に、クレジットカードを利用することができるか、しっかりと確認しておきましょう。

大量に購入するのは危険?1度に大量購入したらどうなるのか

家電量販店では、時に少し安く購入することができるということを先ほどご紹介しました。

不定期開催ではありますが、たまに10%オフで購入することができるイベントです。
そんなイベントがあったら、安いのでついまとめて購入したいと思いがちですよね。

そういった場合、クレジットカードを利用するのは非常に危険です
クレジットカードを利用して、大量にiTunesカードを購入した場合、クレジット会社に疑われてしまう可能性があるのです。
近年、iTunesカードを利用した詐欺が横行し、規制が厳しくなりました。
また、キャリア決済やクレジットカードを利用しての現金化も、原則として禁じられています。

プリペイドカードなどを利用して購入すれば問題ないかもしれません。
しかし、クレジットカードを利用して大量にカード購入した場合、そういった恐れがあるとみなされて、カードの利用を制限されてしまう恐れがあります

そうなると、その制限を解除するのがとても難しくなってしまうので、非常に困ります。
この事態を避けるためにも、安いからといって安易に、大量にカードを購入するのは避ける必要がありますよね。
購入する際は、そういったことにも十分注意しましょう。

個人情報を統一しないといけない理由とは?

クレジットカードを利用して購入する場合、クレジットカードに登録されている個人情報は、今住んでいる場所のものが登録されていますか? 以前に住んでいた場所や、実家が登録されている場合は、急いで個人情報を更新しておきましょう

クレジットカードを利用して、iTunesカードを購入した際、アップルIDと同期してカードを利用します。
その際、アップルIDとクレジットカードの情報が異なる場合、何か別の事や詐欺に使われた可能性が浮上した際、使用することができない、となることがあります。
せっかく購入しても、そういった異なる情報のせいで購入が取り消しになったりもするので、しっかりと個人情報のすり合わせは行っておきましょう

利用額内で購入しても、そういった理由で購入することができないのはかなりの痛手になります。
現金化を活用したい人にとっても、こういった失敗はよくあることで、これによってカードの規制が掛かり、現金化を利用することができないということもあります。

失敗しないためにも、あらかじめ個人情報が異なっていないか、限度額は十分にあるか、などの確認を行っておくことは大切です。

まとめ

クレジットカードを利用すれば、現金が今手元にない状態でも気軽にiTunesカードを購入することができます。
そのため、クレジットカードを利用すれば、金額の大きいカードでも購入することができます。

購入する際は、大量購入に気を付ける、個人情報があっているか確認する、限度額は十分にあるか、ということに気を付けましょう。

家電量販店などを利用すれば、キャンペーンで10%オフで購入することもできます。
有効に活用し、現金化や課金に役立ててみてくださいね。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る