※弊社は金融行為を一切行っておりません

飲酒運転の罰金は高い?分割が可能か検証します

飲酒運転には種類がある?

飲酒運転という言葉はよく聞きますが、種類があるのはご存知でしたか?
飲酒運転には、「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」が存在します。

酒気帯び運転とは、警察官がアルコールチェックを行うことによって、運転を正常の行うことができているかをチェックされた際、基準値以上の値が出てしまった場合に発生する違反です

呼気アルコール濃度が多いと発生し、その量に応じた罰金が発生します。
いかなる場合でも、少量でもアルコールを摂取してしまった場合には、車及びバイクなどの運転はやめるように心がけましょう。

そして、酒酔い運転とは、アルコールを飲むことによって正常な判断ができず、運転にも影響を与えるであろう恐れがある場合、警察に見つかると検挙され、酒酔い運転として検挙されてしまいます

運転しているのに呂律が回らなかったり、アルコールの影響でまっすぐに運転することができない場合など、すぐに運転をやめるべき状態であるときに罰金が発生します。

アルコール濃度が低い場合でも、アルコールが検出されたからと警察に注意を受ける場合があります。
そういった場合は、検挙される心配はありませんが、警告を示唆され、場合によっては怒られることもあります。

少量であろうと、今後事故につながる危険のある方は運転に適していないと判断されることもあります。注意して運転しましょう。
また、少量でもアルコールを飲んだ場合は、一切の運転をやめるようにしましょう。

飲酒運転で発生する罰金はいくら?

飲酒運転には2種類ある事をご紹介しましたが、では、実際にかかる罰金はいくらなのでしょうか?

まずは、酒気帯び運転から見ていきたいと思います。
解説したように、酒気帯び運転では、アルコール濃度によって罰金が変わっていきます。
少量だから軽い、と考えるのは良くないことですが、少量であるほど罰金は少ないです。

しかし、少ないといっても、検挙された際の違反点数は、スピード違反などよりも非常に高くなっています。

アルコール濃度が0.15㎎以上だった場合は、違反点数13点、さらに3年以下の懲役、または50万円以下の罰金になります。
さらに、濃度が高くなり、0.25㎎以上だった場合は、違反点数が25点で、罰金や懲役は上記と同じになります。
25点ともなると、最悪の場合免許の利用を停止させられてしまうギリギリの点数となります
それほどに思い罪になるので、注意が必要です。

また、酒酔い運転の場合も非常に重い罰が待っています。
酒酔い運転で検挙された場合は、違反点数35点で、100万円以下の罰金になります

こうなると、もう免許を取り消されてしまうほか、欠落期間3年というのが設けられてしまいます。
罰金は、初犯であれば70万円程度になりますが、それでも非常に高額なことがわかります。

罰金を支払うのが嫌だからという理由で、検挙を拒否すると、飲酒検知拒否罪というのに問われる場合もありますので、注意してください。

基本的に分割払いにすることはできない

運転などに関する違反において、基本的に分割払いは認められていません。
納付期限までに何としても支払う義務が生じています。

そのため、支払日までに必ず金銭を用意する必要があります。
しかし、支払う意思を見せ、どうしても一括で支払うことができないことを伝えた場合、場合によっては分納を受けいれられる可能性もあります

しかし、あくまで可能性にすぎません。
お金がないからという理由では認められることはほとんどないので、しっかりと用意するように心掛けましょう。

すぐに現金が必要な場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金化を行ってみるのはどうでしょうか
すぐに現金を手に入れることができるので、罰金の支払いに充てることができます。

まとめ

飲酒運転には、大きく分けて2つ種類があり、どちらに該当するかによって違反点数や罰金の額が変わってくることが分かりました。

こういった場合、基本的に一括での支払いは認められていませんが、分割で支払うことができる場合も、稀にはあるようです。
もしどうしても厳しいようであれば、一度相談してみてください。

分割が無理な場合で、クレジットカードのショッピング枠に余裕がある場合は、現金化を行って現金を手に入れるのも一つの手です。
罰金は早めに支払うことが大切になりますので、違反をしたらすぐに行動に移すようにしましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る