※弊社は金融行為を一切行っておりません

Amazonギフト券の現金化は違法?逮捕者が出た事件とは

Amazonギフト券を騙し取り逮捕

2017年10月に、ある犯罪の容疑者として会社役員が逮捕されました。
容疑は詐欺で、有料動画サイトの利用料の架空請求を行い、Amazonギフト券を騙し取ったというのです

容疑の詳細は、容疑者が運営するネット買取サイトにて、別の詐欺グループによって騙し取られたAmazonギフト券を預かり現金化し、その差分の利益を得ていたとのことです。
騙し取られたAmazonギフト券は、約2年間で約13億円程度とされており、巨額な利益を得ていたと見られています。
容疑者は容疑を否認していますが、状況から詐欺グループと手を組み、Amazonギフト券の処理を行っていたと考えられます。

これが事件の詳細ですが、決してAmazonギフト券を現金化したことによる容疑ではないようです
有料動画サイトの利用料の架空請求による詐欺ですので、現金化したというわけではありません。
ただ、詐欺グループによる騙し取ったAmazonギフト券を現金化し、利益を得ていたということは間違いなさそうです。

なぜAmazonギフト券が利用された?

数ある金券の中でも、なぜAmazonギフト券が犯罪に利用されたのでしょうか。
それは、Amazonギフト券の入手しやすさとリスクの低さにあります

近年の詐欺事件と言えば、振り込め詐欺が有名ですが、あまりに銀行に振り込ませる方法での詐欺が横行したため、架空名義の銀行口座を凍結したり、現金での振り込み上限金額を設定したりなど、警察や銀行で対策が進み、振り込みによる被害が少なくなっていきました。
そのため詐欺グループは、Amazonギフト券を騙し取ることによる詐欺を考え出したというわけです。

Amazonギフト券が振り込め詐欺よりも簡単なことは、表示されている番号を手に入れれば、その分の金額を入手することができるということです
詐欺で手に入れたAmazonギフト券ですから、普通の買取業者を利用すると通報される恐れがあると考えたため、先ほどの述べた詐欺グループは容疑者と共謀し、現金化したというわけです。

要注意!現金化に危険性も

Amazonギフト券の現金化に危険性はないか、というと全くないわけではありません。
現金化を行ったということで逮捕、ということはありませんが、Amazonの利用規約でAmazonギフト券の現金化は禁止と明記されているため、万が一運営に発覚した場合は、自身のアカウントが停止されたり、アカウントそのものを削除されてしまう可能性があります

さらにAmazonギフト券を使って現金化していたことが、Amazonからクレジットカード会社に伝わると、カードが利用停止になるという危険性もあるのです。
自分でAmazonギフト券で現金化を行いたい、という人はまずは少額から始めてください。
なぜかというと、多額のAmazonギフト券をクレジットカードで購入してしまうと、クレジットカード会社から現金化が疑われてしまうからです。

具体的には10万円を超える決済だと、危険だと思います
日常的にAmazonギフト券を購入している人であれば疑われなそうですが、初めてクレジットカードのショッピング枠にてAmazonギフト券を購入する人は、3~5万円でも監視されてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

クレジットカードの停止など危険性なく現金化したいという人には、現金化業者にて安全に現金化した方が良いでしょう。

まとめ

Amazonギフト券に関連した犯罪をご紹介しましたが、現金化が罪としてとわれたのではなく、Amazonギフト券を騙し取った詐欺事件でした。

現在の法律では現金化は違法ではないので問題ないですが、Amazonの利用規約では禁止と明記されているので、一気の多額のAmazonギフト券を利用した現金化を行うことは控えたほうが良いでしょう。

禁止されている行為を行って現金化するよりも、現金化業者を利用した現金化をすることをお勧めします。
危険性は低く、クレジットカードが利用停止になるなどの可能性はないに等しいです。
現金が至急欲しいという人は利用してください。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る