※弊社は金融行為を一切行っておりません

無免許運転の罰金は高額?!支払いを分割にしてもらう方法とは

無免許運転とはどういうこと?

無免許運転という言葉を、たまに新聞やニュースで聞くことはありませんか?
無免許運転とは、運転免許証が必要な乗り物に乗る際、免許証を取得せずに運転し、警察に捕まった際に発生する交通違反のことです

通常は、そういった免許証は身分証明という意味や、しっかりと講習を行い、免許を持つに値しています、という証明のために運転する場合は取得を義務付けられています。
また、数年に1度更新しなければならないという義務があります。

そのため、更新を行っておらず期限が切れている状態ものや、純粋に受講などを一切行わず、勉強も免許の申請も行っていないのに運転をしている事、自分の取得した免許以外の乗り物を運転していることなど、そういった場合に警察に発見されたとき、無免許運転とみなされ罰金が発生します。

もちろん、他人の免許証があっても意味がありません。
自分が取得したもの以外では必ず無免許運転とみなされてしまいますので、注意してください。

バイクなどを運転する場合も、免許証は必要になります。
免許不携帯の場合は、3,000円ほどの罰金を支払う必要があるので、注意しましょう

初犯の場合、それ以外の場合

無免許運転として違反認定された場合、それ相応の処分を受ける必要があります。
まず、無免許運転をしてしまった場合の罰則は、3年以上の懲役、または50万円以下の罰金という罰則があります

初犯の場合は、30万円程度まで減額することができます。
しかし、交通違反点は25点と非常に大きい点数になります。
25点を減点されてしまうと、3年以上免許を取り消されてしまうこともあります。

そのため、無免許には気を付けなければならないのです。
また、無免許運転がばれてしまった場合、一緒に乗っていた人もほう助の疑いがあるとみなされ、罰されてしまう可能性があります。

その場合、ドライバーと同じ金額の罰金を支払うことになりますので、かなり厳しい罰則だといえます。
また、最悪の場合は逮捕にまで発展してしまうほどです。

では、どういった場合が逮捕されてしまう状況なのでしょうか?
それは、ほかの交通違反や犯罪を犯していた場合や、常習犯だったこと、警察に捕まる前に逃走するなどの行為を行っていた場合です

そういった場合は、免許だけでなく、社会的な地位やこれからの人生にも影響を与えかねません。
絶対にしないようにしましょう。

分割は不可?基本的には一括での支払いを!

無免許運転を検挙されてしまうと、詳しく調書を取らされます。
その後、後日検察庁に行かなければなりません

なぜ検察庁なのかというと、簡易的にでも裁判を行う必要があるからです。
必要な書類に記載を行うと、その後裁判所から決定通知書が届きます。
その時、罰金の額などを知ることができます。

その後2週間ほどは、不服申立期間や手続きの時間になります。
不服が無い場合は、即座に振り込み用紙が届けられるので、支払いを行ってください。
支払期限は、大体2週間前後のようです。

検察庁に赴いてから振り込みが行われるまでは、大体2ヶ月と思ってください。
期限内に支払わなければ、労役などの罰を課せられてしまいますので注意しましょう

刑務所などで労役を行うことはしたくない!という方は、しっかりと返済しましょう。
しかし、30万円~50万円の大金は、非常に高額のため、支払うことができない方も多いはずです。

そういった場合は、分割があり得るのでしょうか?基本的に、分割はあり得ません。
しかし、検察官に相談することで、分割の希望もあり得ますので、しっかりと相談してみましょう。

しかし、当然支払いがなくなることは絶対にありません。
そのため、急に現金が必要になった場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行うなどして、現金を手に入れる方法を考えましょう。

まとめ

今回は、万が一無免許運転をしてしまった際の罰金等について詳しくご紹介しました。
仮に初犯であったとしても、罰金が非常に高額になっています。

さらに、罰金ですので、分割での支払いは認められていません。
検察に相談すれば認めてくれることもあるかもしれませんが、可能性は非常に薄いと思ってください。

急な現金が必要な場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行う事をおススメします。
限度額内で現金を自由に手に入れることができるので、急な出費に対応することができます。

お金が用意できない際の選択肢としては、非常に心強いです。
しかし、無免許運転は、犯罪の域の行為だということを忘れないで、安全に運転しましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る