※弊社は金融行為を一切行っておりません

アメリカン・エクスプレスのクレジットカードで現金化する際の注意点とは?

アメックスカードの充実した特典

アメックスカードは、VISAやMasterCardに比べるとステータスが1つ上に感じますよね。
それもそのはず、一番ランクが低いアメリカン・エキスプレス・カード、緑色から通称アメックス・グリーンと呼ばれていますが、年会費が12,000円と高額です。

そして、アメックスカード全般的に言えることですが、旅行傷害保険について、とても充実したサービスを提供しています
補償金額は、国内と海外共に最高5,000万円(利用付帯)となっています。

そしてこの保険は、アメックスカードを持っておらず、家族カードも持っていない配偶者や親族でも1,000万円まで補償してくれます。
カードを持っていなくても、他のクレジットカードと同じくらいの補償を受けられるなんてすごいですよね。
さらにアメックスカードで購入した商品を壊したり盗まれたりした場合についても、年間で500万円まで補償してくれるという充実ぶりです。

さらにさらに、旅行によく行く人にはお勧めのメンバーシップ・リワード・プラスというサービスがあります
このサービスはアメックスカードを利用することで貯まったポイントを、交換レートを上げてマイルなどに交換できるのでとってもお得です。

現金化の監視体制が厳しい

とても特典が充実していて、持っているだけで気分が高揚するアメックスカードですが、現金化には向いているのでしょうか。
結論から言うと現金化には向いていません。
なぜかというと、他のクレジットカード各社に比べると数段上の監視体制と取っているためです

やはりアメリカン・エキスプレス・カードというと、ハイステータスというブランドイメージがあるため、それを現金化に向いているという悪いイメージをつけなくないのでしょう。
万が一現金化が発覚した場合は、即利用停止という厳しい処分が下されてしまいます。
その後強制解約され、利用できなくなることも十分に考えられます。

いかにリスクの低い現金化業者でも、アメックスカードは取り扱っていないところもあるようです
もし現金化を行ってそれがアメックスに発覚し、利用停止となった時に利用者から訴えられるかもしれませんからね。

以上から、アメックスカードでの現金化は非常に危険ということが分かります。
クレジットカードのショッピング枠の現金化を行いたいという人は、他社のクレジットカードにて行うと良いでしょう。

アメックスカードで現金化するための注意点

アメックスカードしか持っていなくて、すぐに現金が欲しいので現金化したいという人のために、コツをご紹介します。

もともとアメックスカードを何年も持っているという人は対象外ですが、これからアメックスカードの審査を通って新規で発行したという人は、現金化を行うことは厳禁です
なぜかというと、新しく利用を始めるということで、アメックス側も利用履歴について監視を強めています。
そこで現金化が疑われるような履歴が合った場合は、すぐに発覚してしまう可能性があります。

さらに、ショッピング枠の空きをすべて埋めるような利用をした場合は、すぐに利用停止となってしまうでしょう。
新規発行した際に、すぐに現金化するのは絶対にやめましょう。

監視体制の厳しいアメックスですから、高い換金率の商品を購入することはご法度です。
例えば新幹線の回数券などは高い換金率で買取ショップが買い取ってくれますが、絶対に購入してはいけません。
一度成功したからといって度々行ってしまったら、確実に利用停止となるでしょう。

現金化業者も敬遠するアメックスカードですが、逆にアメックスカードだったら還元率をアップしてくれるという現金化業者があります
アメックスカードは審査も厳しく持っているだけで信頼性が高いため、優良顧客として業者も今後もお付き合いしたいためでしょう。
おそらくキャッシュバック方式にて、低リスクで現金化してくれるでしょう。

まとめ

アメックスカードは持っているだけでステータスが高く見られ、信頼性も高まります。
ですが、ショッピング枠を利用した現金化には向いてはいません。
アメックスの現金化への監視体制が厳しいためです。

どうしても現金化したいという人は、アメックスにて利用履歴があり、かつアメックスであれば高い還元率にて取り扱ってくれる優良業者にて行いましょう。
でもその際に、ショッピング枠を上限いっぱいまで現金化するのはお勧めできません。
なぜならアメックスの監視の網に引っかかってしまう可能性があるからです。

現金化する場合は細心の注意を払って行うようにしましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る