※弊社は金融行為を一切行っておりません

スピード違反で検挙された罰金は分割払い可能?徹底検証

速度超過10キロ程度のスピード違反は捕まる?捕まらない?

連休中や交通量の多い道路では、頻繁に警察によってスピード違反の取り締まりが行われています。
実際に、スピード違反という名前は正式名称ではありません。

正しくは、「速度超過」と呼ばれています。
自動車やバイクなどは、道路にある標識によって、その場所では何キロ出して大丈夫なのかという速度が決められています。

その速度以上出している車などがいた場合、速度違反として切符を切ることができるのです。
速度超過を行った場合は、1キロでもオーバーしている場合は取り締まられることになります。

しかし実際は、1キロ程度であれば誤差の範囲なので大丈夫なこともある場合や、1キロだけオーバーしていたのに捕まった、となった場合もあります。 スピードが出ていれば出ているほど、「速度超過」になり得ます。
そのスピードによって金額が変わることもあるので注意しましょう。

中には、10キロ程度ならスピード違反にはならないから大丈夫!と思っている人もいるようで、そういった声も聞きます。
しかし、10キロとなればスピード違反していることになりますよね。

警察によっては捕まえない場合もあるようですが、実際には捕まる可能性の方が高いですので、注意して運転するようにしましょう。

スピード違反で発生するのは罰金か罰則金

実際にスピード違反によって反則金と呼ばれるものを支払う必要が発生します。
また、免許を取得するにあたり、点数が付けられているのはご存知ですか?

スピード違反を検挙されることによって、点数が減点されます
また速度超過のスピードによって、発生する反則金は異なります。

1~19キロであれば1点で、9,000円~12,000円の反則金が発生します。
20~24キロで2点、15,000円、25~29キロで3点、18,000円が発生します。

30キロを越えてくると、一気に点数も金額も高くなります。
また、30キロ以上の超過で、反則金から罰金へと変わっていきます。

一般道路では、超過速度が29キロ、高速道路では39キロまでのスピード違反で、反則金を支払わなければなりません。

しかし、それぞれの道路でそれ以上のスピードを出してしまうと、罰金が発生してしまうほか、最悪6ヶ月以下の懲役、10万円の罰金を支払う必要が出てきます

赤と青の切符では重要性も発生する金額も違ってきます。
超過速度に応じて金額も前後してきますので、しっかりと速度を守って運転する事をおススメしています。

道路でのスピード違反ではあまり聞いたことがない速度ですが、80キロ以上のスピード違反を行ってしまった場合は、簡易的な裁判ではなく、通常の裁判で判決が下されます。
また、事故を起こしてしまった場合も裁判が行われますので、注意しましょう。

分割払いは不可能?一括払いの理由とは

スピード違反を行ってしまい、切符が切られてしまった場合、その日から10日以内に反則金を支払わなければなりません。
罰金の場合は、裁判所で金額が決められてから2~3週間の猶予がありますので、その間に金銭を用意する余裕があります。

しかし、反則金の場合は、切符が切られてからすぐに支払いの義務が発生してしまいます
スピードによってはさほどの金額ではありませんが、それでも現金がすぐに用意できない状況だという場合もありますよね。

そういった場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化をおススメします。
利用限度額内の金額を利用して、家電やゲーム機など、現金化に利用することができるものを購入して現金を手に入れるシステムです。

当日中に現金を手に入れることができるので、すぐに支払うことができて安心ですよね。
支払いの期日内に支払わなければ、労役を強いられてしまいますので、しっかりと払うようにしましょう

また、分割払いは認められていません。
いかなる場合も、基本的には一括の支払いが義務付けられていますので、支払うように心がけましょう。

まとめ

スピード違反によって反則金・罰金を支払うシステムについてご紹介しました。
超過速度が大きいほどに、最大で10万円の罰金が生じます。

そうなると、非常に厳しいと感じる方もいるでしょう。
しかし、原則的に、罰金や反則金の分割払いは認められていません。

そのため、急な現金が必要な場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行ってみましょう。
指定の商品を購入するだけで、即日現金を手に入れることができます。
反則金は切符が切られてから10日以内に支払わなければならないので、ぜひ検討したいシステムです。

スピード違反は、場合によっては人身事故などの事故を引き起こしかねない行為です。
自分だけではなく、誰かの人生を不意にしてしまう可能性もあります。
運転には十分注意しましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る