※弊社は金融行為を一切行っておりません

Amazonギフト券を買うならEメールタイプがお勧め!

Amazonギフト券は4タイプから購入可能

Amazonギフト券には4つのタイプがあります。
まず1つ目はEメールタイプで、Amazonにてメールアドレスと購入金額(15円~50万円)を入力することで購入可能で、15円から1円単位で指定することができます。
購入後には最短5分ほどで、指定したメールアドレス宛に届きます。
実際にコンビニなどで買うとなると店舗に行かなければなりませんが、この方法だと自宅でも手に入れることができますよね。

有効期限は1年間で、Eメールタイプが一番現金化を行うのであれば、やりやすいと言えるでしょう
番号を伝えるだけですぐに利用できるからです。

2つ目は印刷タイプで、印刷して利用するので、かつ様々なデザインが用意されていることから、誕生日などのプレゼント用として利用するシーンに適しています。
有効期限は1年間で、購入金額(15円~50万円)を指定して購入します。
購入後にPDF形式で届き、こちらも現金化したい場合は、現金化業者に記載番号を伝える形で現金化できますが、利用者数は少ないようです。

3つ目はカードダイプで、コンビニエンスストアやドラッグストアの入り口に掲示されていて、見たことがあるという人は多いと思います。
材質はプラスチック、金額は3,000円、5,000円、10,000円、20,000円と金額の指定ができるバリアブルの5種類で、だいたいの店舗が3,000円、5,000円、10,000円の3種類を置いていると思います。
こちらも有効期限は1年間で、店舗販売では現金でのみ購入することができます。
Amazonのサイト購入だとクレジットカードでの購入が可能です。

カードタイプは買取業者に人気がありません。
換金率がメールタイプよりも低くなってしまうことも想定しておいた方がよいでしょう。

4つ目はシートタイプで、コンビニエンスストアでいうとローソンのロッピーのような、店舗に設置されている機械から購入できるAmazonギフト券で、金額は2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円の6種類、指定した金額をレジで支払うとAmazonギフト券の番号が記載されたシートが渡されます。
有効期限は他のタイプよりも長い3年で、現金のみの購入となります

4つのタイプで一番のお勧めは?

ご紹介した4つのタイプの中で、一番お勧めしたいのはEメールタイプです。
なぜかというと、もし現金化を行いたいと考えた時に、買取業者が一番買い取ってくれるのがEメールタイプであるからです。
クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化をAmazonギフト券にて行う場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

<少額から購入>
まとめて一気に購入して現金化したいと考えると思いますが、Amazonギフト券を購入したことがない人は、決済できない場合があるそうです。
Amazonギフト券は金券なので、クレジットカード会社から現金化を行ったのではないか、と疑念を持たれてしまう可能性があります。
最初は1~3万円の範囲で購入することをお勧めします。

<ショッピング枠の残額>
残額が多くあった方が良いと思いますが、多すぎても現金化を疑われます。
お金に困っているな、とクレジットカード会社から判断されるかもしれません。

<メールアドレスは正確に>
当たり前のことですが、意外と間違いが多いです。
Eメールタイプの納品はメールで行われるので、間違っているとずっと届きません。

<有効期限の長さ>
Amazonギフト券には有効期限がありますが、この有効期限の長短によって買取金額が変わってきます。
買取業者も買い取った後に転売するので、有効期限が短いと転売できなくなってしまいますからね。
有効期限がたくさん残っているものが換金率が高い傾向があります。

まとめ

Amazonギフト券には4つのタイプがあり、それぞれの用途に合わせて購入すると良いでしょう。
クレジットカードのショッピング枠を利用して、買取業者を通して現金化する場合、Eメールタイプのギフト券にするべきです。

購入する際はまとめて購入せず、何回かに分けて購入するようにしましょう。
決済金額が高額だと、現金化を疑われてしまう場合があります。

自分での現金化が手間だと思ったら、クレジットカードの現金化業者にお願いすると良いでしょう。
時間も手間もかからず、現金をGETすることができます。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る