※弊社は金融行為を一切行っておりません

クレジットカード会社発行の商品券ならカードで購入可能?

百貨店の商品券はクレジットカードで購入できない

まずは百貨店の商品券についてですが、正式名称が全国百貨店共通商品券で、下記の百貨店などで利用することが可能です。

・大丸
・高島屋
・伊勢丹
・西武
・三越
・小田急百貨店
・東武百貨店
・阪急百貨店
・京王百貨店
・阪神百貨店
・天満屋
・松坂屋

などなど、上記以外でも利用できる百貨店はたくさんあります。
全国百貨店共通商品券は有効期限がなく、お釣りをちゃんともらえるので、利用しやすいと言えるでしょう

百貨店以外で利用することはできませんが、クレジットカードのショッピング枠で購入することはできません。
そのため、クレジットカードの現金化を行うことはできないでしょう。

どうにかしてクレジットカードで購入したいという場合は、ネットオークションが挙げられます。
ですが、送料や手数料が発生するので、落札金額次第ではマイナスとなってしまうかもしれません

クレジットカード会社の商品券はお釣りがもらえない

それではクレジットカード会社が発行する商品券はどうでしょうか。 現在は、JCBギフトカード、VJAギフトカード、三菱UFJニコスギフトカード、UCギフトカード、KCギフトカード、日専連ギフトカードの6種類が発行されています。
JCBギフトカードやVJAギフトカードは、有名で流通してますから一度は見たことがあるという人はいるでしょう。

クレジットカード会社が発行する商品券は、全国のいろいろな店舗で利用可能です。
家電量販店やスーパー、ファミリーレストランなどで利用することができ、もちろん百貨店でも利用できます。
有効期限がないので、プレゼントとして贈っても喜ばれます。

クレジットカードの商品券の特徴として、原則としてクレジットカードでは購入できない商品券も、そのクレジットカード会社が発行する商品券は同ブランドのクレジットカードであればショッピング枠で決済購入できるのです
JCBギフトカードであれば、JCBが発行するクレジットカードで購入できますし、VJAギフトカードであれば、VJAグループが発行するクレジットカードで購入することができます。

クレジットカードで購入できるので、購入した商品券を買取サイトなどで売って、現金化することができますよね
お金に困っているという人は、商品券をクレジットカードで購入して、その商品券を買取サイトなどで売って現金をゲットできます。

良いことづくしのクレジットカード会社が発行する商品券ですが、百貨店の商品券と違ってお釣りが一切出ません。
たとえ100円の商品を1,000円券で買ったとしても、900円のお釣りはもらうことができません。
なので、利用する際には購入する商品の調整が必要になります。

まとめ

百貨店とクレジットカード会社が発行する商品券は、それぞれ特徴があることが分かりました。
百貨店が発行する商品券は、クレジットカードでは購入できませんが、利用時にお釣りをもらうことができ、対してクレジットカード会社が発行する商品券は、クレジットカードで購入することができますが、利用時にお釣りはもらえません。

現金化を行うのであれば、クレジットカード会社発行の商品券が良いでしょう。
クレジットカードで購入し、その後買取ショップで転売すれば現金が手に入りますからね。

ですが、あまりにも多くの回数クレジットカードで購入していると、現金化が疑われカードが利用停止となるリスクが発生します。
低リスクで現金化したいのであれば、現金化業者を利用した現金化をお勧めします。

クレジットカードのショッピング枠現金化をお考えの方は

 キャッシュラインにお申し込みは
 クレジットカード現金化が初めての方が読んでおくといい記事

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る