※弊社は金融行為を一切行っておりません

ブラックリストに載らないようにする方法とは?

ブラックリストに載ってしまう行為

ブラックリストに載ってしまう時には下記が挙げられます。

・クレジットカードの支払いの滞納
・何社もクレジットカードや借金を申し込む
・自己破産する
・携帯電話料金の支払いの滞納
・奨学金の滞納
・クレジットカードの現金化の発覚
・同一人物と間違われる

クレジットカードの支払いを滞納してしまうとブラックリストに載ってしまいます。
業界では異動と呼ばれていて、支払い期日から61日以上、または3ヶ月以上滞納してしまうと、異動となりブラックリストに載ってしまいます。

お金が至急欲しいからといって、クレジットカード会社や消費者金融などに何社も申し込んでいると、お金を借りるだけ借りて返さないのではないかと怪しまれ、ブラックリストに載ってしまいます。
載るといっても半年ほどで、支払いが遅延なく正常に行われればブラックリストからは外されるでしょう。

自己破産は支払い能力がないということですから、そのような人にはクレジットカードを作らせるわけにはいかないので、ブラックリストに載せます。 借金を減額して欲しいという任意整理の場合も同様です。

意外ですが、一番ブラックリストに載ってしまう人が多いのが、携帯電話料金の支払いの滞納です
今ではスマホを持っていない人が珍しい時代ですから、当然滞納してしまう人も多いのです。
スマホの購入の際に分割にして、その分の支払いが加算されることを忘れていて払えなくなり、ブラックリストに載ってしまったということもあるようです。

大学の時などに奨学金で工面したという人は、その返済を滞納するとブラックリストに載ってしまいます。
就職したばかりで給料が安いので支払いが厳しいといっても、滞納してしまうと若いうちからブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化を行い、その後クレジットカード会社に現金化が発覚してしまうと、カードが利用停止の措置がされ、場合によっては強制解約となります。
利用停止でさえもブラックリストに載ってしまうので、過度な現金化は行わないようにしましょう

とてもレアなケースですが、氏名性別、生年月日が同じ人がブラックリストに載ってしまうと、誤って別の人が登録されるということがあるそうです。
支払いは滞納してなく身に覚えがないにもかかわらず、新規でクレジットカードが作れないという人は、信用情報を取り扱っている機関に確認してみると良いでしょう。

ブラックリストに載らない延滞とは

支払いを延滞してしまったからといって、全ての支払いがブラックリストに載るわけではありません。

例えば、電気やガス、水道などの公共料金は、どれだけ遅延、滞納してもブラックリストに載ることはありません
なぜなら、公共料金の支払状況については、信用情報には記載されないからです。

ただ、公共料金の引き落としをクレジットカードで支払っているという人は、対象となります。
支払いを延滞するということは、クレジットカードの支払を滞納するということですから、信用情報にブラックリストとして載ってしまいます。

そして、消費者金融などに行う過払い金の請求もブラックリストに載ることはありません。
ですが、利息制限法による引き直しを行っても債務が残ってしまう場合、債務整理となりブラックリストに載ってしまう場合があるようです。

家族がブラックリストに載った場合はどうでしょうか。
この場合は、ブラックリストに載ることはありません。
配偶者の場合も同様に、載ることはありません。

少しだけの支払いの遅延も同様に、ブラックリストに載ることはありません。
支払日を忘れていて指定口座に入金されておらず、支払先から連絡がありその後指定口座に振り込んで支払えた、という場合などはブラックリストには載りません
ですが、支払いの遅延を複数回繰り返してしまったという人は、もしかするとブラックリストに載ってしまうかもしれませんね。

ブラックリストから消えるには5年間必要

万が一ブラックリストに載ってしまった場合、消すにはどうすれば良いのでしょうか。
滞納してしまった金額を支払えば、すぐに消えるわけではありません。

ブラックリストに載ってしまった場合、最低5年間は消えることはありません
最長10年間、信用情報に残ることもあるそうです。

10年間、新規でクレジットカードが作れないという状況は避けたいですよね。
支払いはしっかり行うようにしましょう。

まとめ

ブラックリストに一度載ってしまうと、最短で5年間消えることはありません。
クレジットカードの支払いの滞納や携帯電話料金の支払いの滞納は、よく起こりうることなので、十分に気をつけるようにしましょう。

滞納していなくても、クレジットカードのショッピング枠の現金化が発覚し、利用停止などの処分が下された場合でも、ブラックリストに載ってしまうことがあります。
そのようなリスクをできるだけ抑えて現金化したいという人は、現金化業者を利用すると良いでしょう。
クレジットカード会社に発覚することなく、自宅にいながら最短30分で現金を手に入れることができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化をお考えの方は

 キャッシュラインにお申し込みは
 クレジットカード現金化が初めての方が読んでおくといい記事

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る