※弊社は金融行為を一切行っておりません

クレジットカードで現金化する方法とは?「買い取り方式」の仕組みと罠

「買い取り方式」とは何なのか?仕組みを解説

現金化とは、クレジットカードなどを利用して、金券化換金率の良いものを購入し、買取業者に買い取ってもらうことで現金に換える方法の事です。
これを利用することで、手元に現金が無くても、カードを利用して現金を手に入れることができます。
今月ピンチ…!という方にもってこいの方法ですよね。

現金化を行うためには、まず店舗に足を運ぶ必要があります。
街中には、買取を専門としている店舗が多くあります。
それを利用することで、現金に変換することができるのです。

多くは、ブランド品などの高額買い取りなのですが、最近では金券などの買い取りも流行しています。
特に、Amazonギフト券などの金券は、取り扱いが多くなってきているので買取価格も高いです。

対人で接客してもらえるので、安心感もありますよね。
そういったことを利用することで、手軽に手続きを進めることができます。

人を前にして買い取ってもらうのが不安だという方には、サイトでの買い取りをおススメしています。
サイトにアクセスし、個人情報を入力して登録すると、5分程度で返信のメールが返ってきます。
メールの案内に従って指定のアイテムを購入し、その後購入した照明をメールで添付すると、審査に入ります。

難しい審査ではありません。
本当にその金額を購入したのか、使用されている形跡はないか、などのチェックです。
これがだいたい5~15分ほどかかります。

その後は、指定した口座にお金が振り込まれて完了します。
外に出るのが億劫な場合でも、簡単に自宅にいながら振り込みまでを完了させることができます

自宅にいても外出中でも、急な出費にも対応してくれるので、カードローンな度を利用することなく、建設的にお金を手に入れることができます。

買い取り方式を利用する利点

買い取り方式は、利用する際にギフト券や換金率の良いアイテムを購入し、それを買取業者に依頼することで現金を手に入れることができるシステムです。
高額なブランドなども買い取りを行うことで現金化させることができます。
これらを総称して「買い取り方式」と呼びます。
しかし、誰もが常に高額なブランドものを持っているとは限りません。

効率よく現金化を行いたい場合は、金券類の購入がおすすめです。
金券類とは、Amazonギフト券やiTunesカードなどの、現金と同等の価値を持つプリベイドカードです。
それならば、コンビニやスーパー、家電量販店などで手軽に購入することができるので、いつでも換金することができます。

クレジットカードを利用することができる店舗であれば、クレジットカードで購入することができるので、安心です。
購入したカードは、データの場合はサイトを利用して現金化を行うことがおススメです。

しかし、カードそのものを購入していた場合には、店舗に行って現金化を行うと良いでしょう。
近年、こういったカードが換金率も高く、利用者も多いことから重宝されています。

そのため、人気の商品を利用することで買い取り額が高く、より多くの現金を手に入れることができるのです。
現金が欲しい、という方は、ぜひ活用してみましょう。

買い取り方式は危険?カードが使用できなくなる!?

クレジットカードやプリペイドカードを利用して現金化を行うと、クレジットカードの利用を制限されてしまう可能性があることはご存知ですか?
キャリア決済などでは、規制が強くなっているため、オンラインでプリベイドカードを購入することができないようになっています。
クレジットカードでは購入することが可能ですが、大量に購入してしまった場合や、頻繁に購入していると、「現金化を行っているのでは?」という疑いをもたれてしまいます。

現金化を目的として、クレジットカードを利用することは禁止されています
もしバレてしまうと、カードの利用を制限されてしまったり、解約させられることもあるので注意しましょう。

1度カードを止められると、その後の再開が難しくなります。
購入の際は、充分に注意しましょう。

まとめ

今回は、クレジットカードのショッピング枠を利用し、金券などの換金率の高いアイテムを購入して現金化を行う「買い取り方式」についてご紹介しました。

店舗でもサイトでも何処でも手軽に取引を行うことができるので、簡単に現金を手に入れることができます。

しかし、クレジットカードを使いすぎたり、1度に大量に購入した場合、クレジットカードの利用を制限されてしまうこともあります。
十分に注意し、安全に現金化を行いましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る