※弊社は金融行為を一切行っておりません

ドコモのキャリア決済ができるバンドルカードとは?チャージの方法を徹底解説!

後払いを利用してチャージができる

クレジットカードを利用すると、決められた期限に口座から引き落とされるので、その瞬間にお金を払う必要がありません。
後払いのシステムを利用することができるので、今手持ちがなくても買い物を行うことができます。

キャリア決済でも、同じシステムを利用することができます。
例えば、ドコモのキャリア決済は、ドコモケータイ払いと呼ばれています。
それを利用すれば、購入した際に設定した4桁を利用するだけで、簡単に決済を行うことができます。

支払いは、月末などの定められた日に、利用料金と一緒に支払うことができるので、実質後払いだと考えていいです。

1点気を付けるべきことがあります。それは利用限度額です。
ドコモ決済にも、実際に利用することができる利用限度額が定められています
利用状況などによって個人に差があるので、利用する場合はあらかじめ把握しておきましょう。

バンドルカード以外でも、ドコモケータイ払いを利用することができる際とは多くあります。
メルカリやAmazon、映画館などでも利用することができます。

様々な際に活用することができるドコモケータイ払いは、非常に便利ですよね。
ぜひバンドルカードへのチャージにも役立てたいところです。

バンドルカードにチャージすることができるキャリアとは?

では実際に、バンドルカードにチャージを行いたいと思った場合、キャリア決済が使用できないキャリアはあるのでしょうか?

答えは「あります」。
バンドルカードは、Visa加盟店などで使用することができるプリベイドカードです。
コンビニやネットバンクなどを利用してチャージを行うことができますが、キャリア決済を利用してもチャージを行うことができます。

しかし、キャリア決済を利用することができるのは、ドコモユーザーの方に限ります
ドコモ以外のキャリアではチャージを行うことができませんので、ドコモ以外を利用している方は注意しましょう。

ドコモのキャリアの限度額内であれば、毎月チャージを行うことができます。
また、バンドルカードの限度額は10万円になっています
そのため、その額内であれば、自由に買い物を行うことができるので、現金化も行うことができます。

チャージを行う方法と手順

バンドルカードにチャージする方法が知りたい、という方もいますよね。
面倒な手順が在ったりすると、やりたくないものです。
また、実際にチャージの際にかかる手数料なども気になる所です。

バンドルカードを利用するためには、まずバンドルカードを発行する必要があります。
ですので、まずネットを利用して個人情報などを設定しましょう。

簡単に登録を完了することができるので、完了したらカード型かアプリを利用するかを選ぶことができますので、自分に合った方を選びましょう。
アプリであれば、スマホで管理することができるので、楽に利用することができます。
カードが手元に届くまでは時間が掛かりますが、アプリで管理を行えば短時間で済ませることができて簡単です。

その後は、ドコモケータイ払いを利用してチャージを行えば、すぐに買い物などに活用することができます。
ネット上で全て完了することができるので、自宅に居ながら済ませることができます。

バンドルカードはプリベイドカードです。
そのため、Amazonギフト券やiTunesカードを購入することができます。

購入が完了したら、買取業者に委託し、現金化を行ってください。
そうすることで、簡単に現金を手に入れることができます。 しかし、ドコモケータイ払いを利用してカードにチャージを行う場合、一定の手数料がかかります
そういった細かい点はしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

バンドルカードを利用すれば、クレジットカードのように、後払いと同じシステムでお金をチャージし、現金化をスムーズに行うことができます。

ドコモケータイ払いを利用すれば、キャリア決済を利用して簡単にお金をチャージすることができるので、とても便利です。
限度額内で利用すれば簡単にカードにお金をチャージでき、現金化を行うためにAmazonギフト券やiTunesカードを購入することができます。

また、バンドルカードは、カードを発行する際にアプリで管理することもできるので、厳しい審査などが必要ないのも魅力です。
いつでも好きなタイミングで現金化や買い物を行うことができるのは、大きなメリットになりますね。

ドコモケータイ払いとバンドルカードをうまく利用して、現金化を自宅で手軽に行ってみましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る