※弊社は金融行為を一切行っておりません

現金化をするためにメルカリ売り上げを活用してみよう!

1 ツイッターで話題になった現金の出品

メルカリは今やフリマアプリといわれる市場の最大手までに成長いたしました。サービス開始当初は雑貨などの取り扱いが大きかったのですが、認知度が上がるにつれて様々なものが出品されるようになりました。

ニュースでも話題になりましたが、2017年の4月に現金が出品されて話題になりました。

今でこそ現金の出品は禁止されたようですが、当時は特に制限もなく出品ができたのです。

仮に1万円のお金を出品したとしていくらで売れるのか。
そう思う方もたくさんいると思います。

発行数の少ない希少な紙幣や硬貨を売買しているのかと思いきや、ごく普通の何の変哲もない紙幣だったのです。

ニーズがある理由として、いますぐに現金がほしい人が世の中にはたくさんいて、キャッシングや消費者金融に借りずに、利子分がはなから上乗せされた現金を購入する人が存在するということでした。

10000円札を12000円で出品しても、買いたい方がいるということです。

その際もちろんクレジットカードを使った購入になりますので、手持ちの現金が減ることなく手に入るということにはなりますが、この購入分の引き落とし日は未来にもちろんやって来ますので、価格を上乗せされた現金だとしてもその分の利息と考えれば、キャッシングや消費者金融から借りるよりも安い場合があるということです。

ただ、通常の人々では「ただの詐欺じゃないか」という風にとらえられてもなんら不思議のないことですので、ツイッターなどで話題になったという経緯があります。

購入した方もいましたので、需要と供給といった部分では双方あったのですが、メルカリとしてはさすがにこれを容認することはできなかったようで、禁止になりました。

これらの行為はショッピング枠の現金化ということになりまして、これはクレジットカード会社の規約では認められていないということが主な理由かと思われます。

2 売れたとしてもすぐには手元に入らない?

メルカリを使ったことありますでしょうか?
現在ではいろんなものが出品されていて、見ているだけで楽しいかもしれません。

人がいらなくなったものとはいえ、自分がほしいものがスマホで簡単に購入できるのでかなり便利ではあります。

オークションサイトとの違いとしては、直接現金のやり取りを購入者としないところにあります。

メルカリの取引では必ずメルカリの運営を通して支払いが行われます。なので、現金化が可能なのです。
買う側がクレジットカードの支払いなどで商品代金を支払うことによって、メルカリ側で一時売上金を預かってもらう形になります。

売る側が購入した商品をきちんと買う側に届けるまで保留という形になっています。
無事に取引が完了すれば、売る側に売上金として送られることになります。

オークションで商品が届かないトラブルなども問題になったこともありますが、この仕組みであればユーザーは安心して買い物ができると思います。

ただ、売れたからといってすぐにご自身の口座に反映するという形ではないようです。
売上金に関してはメルカリでお買い物をする場合はその売上金から差額でも支払うことができます。便利ですよね。

すべての売上金を現金に替えなくてもいいようです。

3 売り上げを受け取るときに注意点

売り上げを自分の口座に振り込んでもらう際にいくつか条件があります。

振り込み金額が1万円に満たない場合に、振込手数料が210円かかります。
また、売上金には1年間の使用期限があるようで、その間に振り込みしてもらうか、商品の購入にあてるかしないと無効になるようです。

毎週月曜日が振り込み申請の締め日になり、その週の金曜日に振り込みが行われるというフローになっています。

うまく運用システムを理解して活用してください。

まとめ

便利なフリマアプリ「メルカリ」の説明と売上金の現金化についてご説明させていただきました。

一度、インストールして使用してみればわかると思いますが、大変わかりやすくすぐに使えるようになると思います。


ご自身で不要になったものを捨てる前に一度、出品してみてはいかがでしょうか?
思わぬ収入があるかもしれませんよ。

また自分がほしいものが見つかるかもしれません。

メルカリをうまく使って現金化をしてみましょう!

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る