※弊社は金融行為を一切行っておりません

クレジットカードでAmazonギフト券を購入するのは危険?その理由とは

Amazonギフト券は現金化に向いている?

Amazonギフト券とは、Amazonで利用することができる金券です。
金額分の買い物を行うことができ、コンビニや家電量販店で購入することができます。

家電量販店ではクレジットカードで購入することができますが、コンビニなどでは決済が承認されないこともあります
近年、非常に多くのギフト券が現金化に活用されており、そのせいでクレジットカードで購入するのが厳しい状況にあります。

Amazonギフト券は、ネットで購入することもできるので、非常に換金率が高く、使い勝手のいい商品です。
そのため、多く現金化に活用されているのです。

カードタイプは、コンビニでも売っており、すぐに活用することができます。
オンラインで購入することができるものは、ネット上でそのままポイントのように活用することができるので、非常に便利です。

現金化する際はポイントを利用することなく、コードなどの現金化業者が指定するものをメールで送信するだけで、送料等を心配する必要もなく、数分で現金化を完了させることができます。

Amazonギフト券をネットで購入することができれば、そのデータや購入した履歴を換金業者とメールでやり取りをするだけで、現金化を完了させることができるのです。
とても便利ですよね。そういったことが多く行われてきたせいで、クレジットカードを利用した現金化は非常に危険しされ、グレーゾーンでもあります

では、具体的にどのようなことがそんなに危険なのかについて、次でご紹介していきます。

現金化を行う際の危険とは?

実際、ネット等を利用すると、簡単にAmazonギフト券を購入することができます。
特に、禁止されているというわけでもないので、サイトによってAmazonギフト券をクレジットカードで購入することも簡単です。

しかし、購入する際に注意しなければ、最悪の場合利用停止に追い込まれる危険もありますので、注意が必要です
では、どういったことが危険なのか、具体的に説明していきたいと思います。

まず、Amazonギフト券を購入する際は、必要以上に多く購入するのは避けましょう。
1~数枚であれば、自分で利用するのだと思われることも多く、とがめられることはありません。

しかし、1度に大量購入したり、高額な決済を行ったりすると、カード会社が不審に感じることもありますので、注意が必要です。
Amazonギフト券を購入する際の規約には、現金化が疑われる行為がバレた場合は認証することができない、というものがあります。

分かるような行為を認識した場合は、すぐにカードの利用を制限されてしまいますので、注意しましょう。
まずは、数万円分から少しずつ購入し、その後まとめて現金化するなどの工夫が必要です。

また、クレジットカードについているキャッシング等を利用している人は、カードの利用を制限されやすい傾向にあります

ギリギリまで利用しているということは、それだけ支払い能力がないのか、心配されているということになります。
そのため、現金に困っている可能性があると判断されていると、監視が厳しくなっていることもあります。

クレジットカードの利用が停止されてしまうと、キャッシングも難しくなったり、利用に不備が出たりと大変なことも多くあります。
そういった場合は、無理に現金化をしないようにしましょう。
クレジットカードの利用を行い現金化を行っても、利用制限がされてしまうと信用情報に傷がつく場合があります。

そうなってしまうと、解除にはかなりの時間が掛かる上、信用が下がってしまいます。
クレジットカードを今後も利用していきたいのであれば、慎重に利用する必要があります。
頻繁に行って現金化を疑われることが無いよう十分注意しましょう。

まとめ

Amazonギフト券を購入する際には、クレジットカードでも購入することができます。
しかし、その場合は、高額や大量購入は極力避けることが必要になります。

また、クレジットカードのキャッシングをギリギリまで活用していないきれいな状態である事、現金化を疑われるような行動を頻繁に行わないことが大切になります。

現金化を行うことでクレジットカードの利用が制限されてしまうと、最悪の場合信用情報に傷がついてしまいます。
そういったことにならないよう、きれいに利用して、現金を効率よく手に入れるようにしましょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る