※弊社は金融行為を一切行っておりません

キャリア決済が利用できるバンドルカードとは?現金化を行う際の使用方法などをご紹介!

バンドルカードの使用方法とは?

バンドルカードとは、Visaで出されているプリベイドカードの事です。
カードとアプリの2種類があり、手軽に利用することができることから、多くの人に人気を集めています。

アプリ型はとても手軽で、お手持ちのスマホにインストールするだけで、お金の管理を行うことができます。
アプリがダウンロードされたら、キャリア決済などを利用してお金をチャージし、買い物時に活用しましょう。

カードへのチャージは、キャリア決済以外にもいくつかあります。
コンビニ、ATM、銀行、ビットコインなどです。
これらでも手軽にチャージを行うことができますが、その場でお金をチャージする必要があります。

今現在手持ちのお金からチャージするのが厳しい、という方は、ドコモケータイ払いを利用しましょう。
月末の携帯料金の支払いと一緒に払うので、その場での決済はありません。
また、スマホを操作するだけで簡単にチャージを完了することができるので、外出する必要もありません。

2018年現在、キャリア決済を行うことができるのは、ドコモケータイ払いだけです
厳密に言えば、バンドルカードにチャージするにあたり、対応しているのがドコモだけ、ということです。
docomoユーザーの方にはとても便利で嬉しい情報ですよね。

バンドルカードを使う際の注意点

バンドルカードは、上記でも説明したように、自宅でも手軽にチャージを行い、ネットなどで自由に買い物ができる仕組みになっています。
利用料金はネットでチェックすることができるので、使い過ぎなどの心配はありません。
また、頻繁に使用する場合も心配はなく、デメリットはありません。

しかし、月に一度、またはそれ以上の使用が無い場合、カードが停止してしまうことがあります
もし、利用頻度がそこまでない場合は、使用を控えたり、カードを作らず、クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化をお勧めします。

また、その都度チャージする場合、5,000以下は300円、それ以上でも6%の負担がかかります。
その都度それだけの金額が差し引かれるのは、嫌だと考える人もいますよね。 使用してから気づくと損をした気持ちになります。
使用する前にしっかりと確認しましょう。

使用手数料と一緒に押さえておきたいポイントがもう一つあります。
それは、使用可能店舗についてです。 現在、各携帯会社からプリベイドカードが発行されていますが、まだ全ての店舗、全ての事に利用することができるわけではありません。

例えば、ガソリンスタンドや公共料金、保険料、定期料金、宿泊施設などでは、一部利用することができません
サイトなどを利用していても、プリベイドカードの利用が制限されていることがあります。

そういった使用の際、チャージをせっかくしても利用することができないとがっかりしてしまいますよね。
事前に、使用したい買い物や施設では、プリベイドカードの利用ができるのかということを、予め確認しておくこともとても大切です。

バンドルカードで現金化ができる理由

バンドルカードにお金をチャージすると、現金のように買い物を行うことができるのは分かりました。
また、チャージする際は、docomoユーザーの方であれば、キャリア決済を利用することができるのも先ほどご紹介しました。

では、なぜ現金化ができるのか?
それは、クレジットカードのショッピング枠を利用することと原理は同じです。

まず、キャリア決済を利用し、カードにお金をチャージします。
その後、Amazonギフト券やiTunesのカードを購入できるサイトにアクセスし、カードを購入します。
その後業者に渡し、現金をもらえば完了します。
そうすることで、手軽に現金化を行うことができるのです。

しかし、カードにチャージするなどするワンクッションを設けなければならないので、面倒だと感じる方もいるようです。
その場合は、直接購入できるクレジットカードを利用して現金化を行いましょう

まとめ

バンドルカードを利用すれば、docomoユーザーの方であればキャリア決済を利用し、お金をチャージすることによって現金化を行うことができます。

キャリア決済を利用した、手軽に現金化を行うことができる方法としてご紹介しましたが、ワンクッション入れなければいけない事や、手数料がかかることなど、デメリットも存在します。

そのため、手数料やデメリットを気にすることなく利用したい方には、クレジットカードを利用しての現金化をおススメします。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る