※弊社は金融行為を一切行っておりません

未成年がクレジットカードの現金化ができない理由は?

未成年はクレジットカードを作れる?

未成年がクレジットカードを作るためには何点か条件を満たしていなければなりません。

まず、18歳以上で高校生ではないこと
高校生では正社員の雇用で働くこともできず、学業が本業なのでアルバイト時間も限られているからです。
また、18歳以上でも20歳未満の場合は、親権者の同意がなければクレジットカードを持つことができません。

親権者が保証人になっていれば、収入がない場合でもクレジットカードを持つことができます。
いきなり高額の利用はできず、10~20万円の範囲でクレジットカードを持つことができます
未成年からしてみれば、10万円でも大金ですよね。

高校生でも持てるカードとして、デビットカードのというものがあります。
デビットカードとは、商品を購入したと同時に、登録した銀行口座から商品の代金が引きと落とされるシステムとなっているカードです。
クレジットカードのように後払いではないので、銀行口座に商品代金分の金額が必要になります。
そのため15歳以上で高校生でも持つことができます。

デビットカードでは現金化は難しいでしょう。
銀行口座にあるお金しか商品代金として利用できないので、口座の現金が減るだけだからです。

お勧めしない自分での現金化

未成年でも条件を満たせばクレジットカードを所有することができますが、現金化も条件次第でできるのでしょうか。
結論から言うと可能です。
ですが、あまり自分で行うのことは危険性が高いので、推奨できません。

なぜかというと、自分で現金化を行うということは、高い換金率のものをクレジットカードのショッピング枠で購入し、それを転売して現金化しますが、1回限りなら良いですが、頻繁に金券などの高い換金率の商品を購入していると、クレジットカード会社に現金化が発覚し、利用規約で現金化が禁止されていることから、クレジットカードの利用停止という処分が下される可能性があるからです。

10~20万円と利用額が少額の中で、高い換金率の商品を限度額いっぱいに購入すると、日頃現金化を警戒しているクレジットカード会社に現金化が発覚しやすいでしょう。
未成年でクレジットカードが使えなくなることは、今後の長い人生を考えると非常に影響するので、自分での現金化が行わないほうが賢明です

現金化業者では未成年はNG

では現金化業者を利用しての現金化は、未成年は可能なのでしょうか。
結論から言うと利用は厳しいでしょう。

理由を挙げるとすると、未成年自体には責任を取ることができず、結局は親権者に責任を取ってもらうことになること、そしてその親権者が現金化業者に直接問い合わせてきて問題になる可能性がある、などです。
現金化業者も未成年を現金化を利用してもらうのはリスクがあるので、リスクと取ってでも未成年に利用してもらうおうとは思わないでしょう。
また、未成年者の利用限度額は10~20万円と少ないので、利用してもらっても得があまりありません。
以上から、現金化業者では未成年とは取引することは少ないでしょう。

探せば未成年でも利用できる現金化業者があるかもしれませんが、その業者は悪徳業者の可能性があります
詐欺などで搾取されるかもしれないので、注意が必要です。
未成年の現金化は極力避けたほうが良いでしょう。

まとめ

未成年は条件次第でクレジットカードを持つことができますが、現金化を対応してくれる現金化業者は皆無に等しいでしょう。
もし現金化を行ってくれる業者があるとすれば、それは悪徳業者かもしれないので注意しましょう。

未成年のうちは現金化は行わず、20歳の成人を待ってから、クレジットカードの現金化を行うようにしましょう。
親権者に迷惑をかけず、自分で責任を負うことが大人の仲間入りと言えるでしょう。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る