※弊社は金融行為を一切行っておりません

JCBギフトカードを安くゲット!現金化の方法も解説

JCBギフトカードはJCBが発行している

JCBが発行しているギフトカードであるJCBギフトカードは、薄紫色をした1,000円券と、オレンジ色をした5,000円券の2種類があり、全国の百貨店やデパートのほか、コンビニエンスストア、ファミリーレストランなど、全国の50万店舗以上で使用することができます。

JCBギフトカードはお釣りが出ないので、注意が必要です
コンビニで使用するとなると少し大変かもしれませんね。

そしてJCBギフトカードは、有効期限が設けられていません
プレゼントとして贈る際に、期限がないギフト券は喜ばれますよね。
もらっても贈っても嬉しいギフト券と言えるでしょう。

JCBギフトカードを安く購入するには?

JCBギフトカードをできるだけ安く購入するには、どうすれば良いのでしょうか。

まずJCBギフトカードはどこで売っているかというと、家電量販店やチケット販売センターなどで売っています。
そこで基本的には現金での購入になるのですが、JCBのクレジットカードであればJCBギフトカードを購入することができるのです
クレジットカードで購入することでポイントが貯まるので、そのポイント分だけ現金よりも安くできます。

その他に、街にある金券ショップで購入する方法があります。
1,000円券でしたら985円前後で販売されています。
数枚まとめて購入すれば、さらにお得になりますね。

さらには、オークションにてJCBギフトカードを落札する方法もあります。
原価の1,000円で売っていることは少ないので、現金で買うよりも安く買うことができますが、注意点として落札した金額に加えて送料が発生するので、それを加味して落札するようにしましょう

最後は購入ではないのですが、もらえる方法があります。
それは株式取引にてJCBギフトカードを株主優待としている銘柄の株を買えば、期末にもらうことができます。
株式を購入することはそれなりに資金が必要なので、お財布とよく相談の上、購入してください。

JCBギフトカードを売って現金をゲット

JCBギフトカードを持っているけど使う予定がない、という人は売ってしまって現金化した方が良いでしょう。

売る方法でお勧めなのは、街にある金券ショップで売ることです
1,000円券であれば、955円前後で買い取ってくれます。

他にはオークションに出品するという方法もあります。
良い客に恵まれれば、原価よりも高く売れる場合もあるようですが、当然安くなってしまうこともあります
状況を見て金額設定することが必要となります。

まとめ

JCBギフトカードはJCBのクレジットカードであれば購入することができるので、購入後に売れば現金化することができます。

ですが購入できるからといって頻繁に行っていると、クレジットカード会社に疑われカードが利用停止となってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

そういった利用停止等のリスクを回避したいという人には、現金化業者を利用した現金化がお勧めです。
業者に依頼することで低リスクで行なえますし、自宅にいながら現金を手に入れることができます。 ぜひ検討してみてください。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る