複数社からの借り入れは、場合によって“一本化"することでメリットが生じる場合があります。まずは一本化することのメリット・デメリットをしっかりと理解し、自身の返済プランに適しているかどうか検討してみましょう。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

債務は一本化できる

指を立てる男性

カードローンには上限金額があります。
仮に利用上限を上回って借り入れを行いたい場合は、複数の金融機関と契約して借り入れ元を増やす方法が一般的です。
しかし複数のカードローンを契約すると管理が煩雑になる上、返済においてもあまり賢い方法とはいえません。

 

状況を好転させるために“債務の一本化”を検討しましょう。
債務の一本化とはその名の通り、1つの会社から大きな額の借り入れを行い、他の会社からの借り入れを一気に返済してしまう運用方法です。
借金を管理する上で、一本化が向いている人とそうでない人がいます。
まずは、自身の目的に応じて選択できるように一本化におけるメリット・デメリットを理解しておきましょう。

 

一本化のメリット

金利が低くなる

 

利用するカードローンと1つに絞ると、金利が低くなります。
というのも、基本的にカードローンは借り入れ額が低いほど高い金利が適用される仕組みです。

 

これまでは少額で複数の会社を利用していたせいで18%近くの金利が掛かっていたとしても、1社から多くの金額を借り入れることができれば4%程度の最低水準金利を適用させながら返済を行えます。

返済日の一元化

 

借り入れを1社に絞ると、返済の期日が毎月特定の日付に固定されるメリットがあります。
給料日は基本的に1日だけです。対してカードローンは複数契約すれば会社ごとに異なる返済日が設定されています。

 

カードローンの支払いを一本化しなければ各社の返済日と給料日の兼ね合いを複雑に計算しておかなければいけません。
返済の遅延にはペナルティが科される場合がほとんどですので、返済日の一元化は借り入れに際して大きなメリットといえます。

 

一本化のデメリット

完済までの期間が延びる

 

借金を一本化したことで返済先は1社になるため、毎月の返済額が楽になり返済計画が立てやすくなります。
一方で返済しなければいけない金額が減るため、“返済の長期化”を生む恐れがあります。
せっかく低金利を実現しても、返済が長期化すれば最終的な返済額の肥大化は止められません。
一本化する前に、完済を見据えた返済計画が求められます。

再び借り入れてしまう恐れがある

 

一本化の際に利用する“おまとめローン”は、総量規制の対象外となる例外のローン商品です。
そのため金融機関の方針次第では新たに借り入れを行うこともできます。

 

特に一本化により完済した金融機関からは借り入れを行いやすい場合があり、誘惑に負けて新たな借り入れを行ってしまうリスクがあるのです。

 

債務整理とは異なる

手でバツサインを作る男性

稀に債務整理と債務の一本化を同一視している人がいますが、両者は同じ手続きではありません。
先ほども述べたように債務の一本化は複数の借り入れを1つの会社にまとめ上げる借り入れ先の整頓方法を指します。
一方で債務整理は、弁護士に依頼して借金を減額したり支払いに猶予を設けたりするための法的手続きです。

 

借金が帳消しになる期待ができますが、手続きに伴い大きなペナルティが発生します。
両者を混同して用いると結果が大きく異なりますので、中止して手続きを行いましょう。
また、同様に「自己破産」とも性質が異なりますので、その違いをしっかり理解しておくと良いでしょう。

 

 

審査に挑戦する価値はある

複数の借り入れ先から借金をしている場合、債務の一本化により借り入れ先を1社に絞る方法がオススメです。
しかし、メリット・デメリットの観点から考えると必ずしも一本化を行うことが正解とは限りません。
自分の借金の状況と一本化の特徴をしっかりと理解した上で、メリットがあると判断した場合に有効的な手段なのではないでしょうか。