人間関係を見直すことで借金のリスクを減らせる可能性があります。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

借金をするのは往々にして自分に原因があります。
しかし場合によっては友人の借金を肩代わりしてしまったり、お金の相談をしたら借金を進められてしまったりするケースも少なくありません。
自分の意思が弱いと十分に承知しているならば、交友関係もしっかりとコントロールする必要があります。

人間関係を見直すべきポイント

人間関係に悩む

あまり積極的には行いたくありませんが、借金の可能性を潰すために交友関係を整理しなければいけない場合があります。
人間関係における問題に直面した場合、側にいて貰うべき友人を見誤らないためにも以下のポイントが当てはまる人を避けるように人間関係を整理していきましょう。

お金にルーズな人

 

最も分かりやすく最も注意すべき人物が“お金にルーズな人”です。
周りに“借りたお金を返さない”や“衝動買いが多い”、“ギャンブルに糸目がない”という特徴が当てはまる人がいたら気を付けましょう。

 

給料日前に「お金がない」と常につぶやいている人にも注意が必要です。
直接お金を借りようとしなくても、すでに家計を管理できていない恐れがあります。
自分に被害が及びそうな状況の場合、早い内から最悪の事態を想定しておきましょう。


最も分かりやすく最も注意すべき人物が“お金にルーズな人”です。
周りに“借りたお金を返さない”や“衝動買いが多い”、“ギャンブルに糸目がない”という特徴が当てはまる人がいたら気を付けましょう。

 

給料日前に「お金がない」と常につぶやいている人にも注意が必要です。
直接お金を借りようとしなくても、すでに家計を管理できていない恐れがあります。
自分に被害が及びそうな状況の場合、早い内から最悪の事態を想定しておきましょう。

 


 

時間にルーズな人

 

お金だけでなく、“時間にルーズな人”にも注意しましょう。
時間を守ることは社会人ならば大原則として身に染みているはずです。
学生時代ならば笑って許せるかもしれませんが、ある程度時間管理の大切さが身に染みている社会人の立場としては見過ごせません。

 

特に理由もなく時間に遅れるということは他人の時間さえも損失させることを意味し、お金より大切な資源を踏みにじる結果になります。
往々にして時間を守れない人は資産やお金の管理もままならず、いずれ他人の資産まで脅かす存在になるのです。


お金だけでなく、“時間にルーズな人”にも注意しましょう。
時間を守ることは社会人ならば大原則として身に染みているはずです。
学生時代ならば笑って許せるかもしれませんが、ある程度時間管理の大切さが身に染みている社会人の立場としては見過ごせません。

 

特に理由もなく時間に遅れるということは他人の時間さえも損失させることを意味し、お金より大切な資源を踏みにじる結果になります。
往々にして時間を守れない人は資産やお金の管理もままならず、いずれ他人の資産まで脅かす存在になるのです。

 


 

嘘を付く人

 

嘘を付く人”も、交友関係を整理する上では確実に整理した方が良いでしょう。
特に「絶対に返すからお金を貸して欲しい!」「給料日に返すから!」「今回だけ!」と言った具合に、お金の貸し借りに関して嘘を付く交友関係は確実に絶つべきです。

 

嘘を付く人は単純に見栄を張っているだけかもしれません。
しかし悪意を持って嘘を付いている可能性もあります。
最終的には、何も関係がない別の友達にまで危害を加える恐れもあるのです。
嘘を付き続けられている場合は既に友人と呼べるかも怪しいので、交友関係を絶ちましょう。


嘘を付く人”も、交友関係を整理する上では確実に整理した方が良いでしょう。
特に「絶対に返すからお金を貸して欲しい!」「給料日に返すから!」「今回だけ!」と言った具合に、お金の貸し借りに関して嘘を付く交友関係は確実に絶つべきです。

 

嘘を付く人は単純に見栄を張っているだけかもしれません。
しかし悪意を持って嘘を付いている可能性もあります。
最終的には、何も関係がない別の友達にまで危害を加える恐れもあるのです。
嘘を付き続けられている場合は既に友人と呼べるかも怪しいので、交友関係を絶ちましょう。

人間関係が借金に繋がることも!交友関係をコントロールしよう

 


 

経済感覚が合わない人

 

相手に悪意がある訳ではないとしても、“経済感覚の違う友人”との交際は長続きしません。
特に、裕福なグループに誘われた場合の立ち位置に苦しむ人は多いです。
自分の収入に見合わない出費を要される友人との付き合いは見直しましょう。

 

しかし相手に悪意がない場合は話し合いで解決する場合も珍しくありません。
まずは、金銭感覚の違いについて打診し、それでも価値観が決定的に違うようならば絶縁を検討する必要があります。


相手に悪意がある訳ではないとしても、“経済感覚の違う友人”との交際は長続きしません。
特に、裕福なグループに誘われた場合の立ち位置に苦しむ人は多いです。
自分の収入に見合わない出費を要される友人との付き合いは見直しましょう。

 

しかし相手に悪意がない場合は話し合いで解決する場合も珍しくありません。
まずは、金銭感覚の違いについて打診し、それでも価値観が決定的に違うようならば絶縁を検討する必要があります。

 


 

人間関係の見直しが家計の見直しに繋がる

人間関係を見直すことで借金のリスクが減り、自分の家計を見直せる可能性があります。
一時的に自分を責める結果となるかもしれませんが、最悪の事態に巻き込まれないためには早い内から関係を整理しておくことが必要です。

 

もちろん自分自身に問題がある場合は改善しなければいけません。
しかし自分の弱さとしっかりと向き合った結果として別れの決断に至ったのならば、自分にとっては必要な選択肢だったのではないでしょうか。