金欠の苦境を乗り切るために活用したい公的支援サービスがあります。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

給付金や減免は最大限活用すべき

生活を支えるための支援を考える

「同じような境遇な筈なのに、あの人は何故か裕福そうに見える…」という状況に心当たりがあるのではないでしょうか。
裕福そうに見える人は往々にして給料が高いと想像されがちですが、必ずしもアナタより高給取りであるとは限りません。

 

お金の使い方が上手い人は“情報の活用”が上手いのです。
最近では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国民が等しく給料や生活費に影響を被りました。
そのような情勢の中でも裕福そうに見える人はお金にまつわる情報を大量に収集し、“給付金”や“減免制度”を最大限に活躍して苦境を乗り切っていたのです。

 

苦境の際に活用したい支援制度

公的に行われる支援制度はたくさんあります。
普段は意識しないで生活してしまいがちですが、新型コロナウイルスの感染拡大を機に注目が高まりました。
現在も続く感染拡大を乗り切るための個人向け支援制度を参考に、金欠状態を脱却する方法を考えていきましょう。

 

特別定額給付金

「特別定額給付金」は、新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けた家計への支援策として打ち出された給付金です。
令和2年4月27日時点で住民基本台帳に記載されている全ての国民に対して現金10万円が支給されました。

 

申請用紙への記入のみで受給が可能だった上に、全ての国民が対象だったことで、これまでになく大きな注目を集めた支援制度です。

 

小学校等の臨時休業に対応する保護者支援

「小学校等の臨時休業に対応する保護者支援」は、子供を世話する立場にある保護者に向けられた支援金です。
新型コロナウイルスの影響で休校になってしまった子供の世話をするために仕事を休まなければいけない場合に利用できます。
個人で請け負った仕事に取りかかれない場合に1日あたり4,100円もしくは7,500円の支援が行われました。

 

国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援

「国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援」は、新型コロナウイルスの影響で生計がままならない家庭向けに国民健康保険料の免除・減免を行う支援制度です。
減免の対象は見込みでも良く、既に納めた分を後から減額してもらうこともできます。
そのため減免となった保険料を事業資金や生活費の足しにあてることで国民の生活を支える結果となりました。

 

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」は、労働者側から国に対して休業手当を請求できる新しい制度です。
休業前の平均賃金の80%が支給され、1人あたり1日11,000円の上限が設けられています。
最大の特徴は通常の休業手当と異なり雇用主に負担が掛からない点です。
本来は企業の義務であるとはいえ、不要なトラブルを回避できる点が雇用者の負担を考慮しています。

 

傷病手当金

「傷病手当金」は、病気やケガに際して連続して3日以上休業し、給料が支給されない場合に受けられる医療保険制度です。
特別な支援制度ではなく、国民皆保険制度が整備されている日本では誰にでも適応されます。
アルバイト契約の場合でも会社の雇用保険に加入していれば対象になる可能性は十分にありますので、確実に活用しておきたい制度です。

 

賢い人ほど公的サービスの活用に積極的

メガネを掛けた知的な男性

お金がない人ほど情報に疎く、裕福そうに見えるあの人ほど公的な制度を有効的に活用しています。
危機に瀕した際はまず国が動くのが基本ですので、とにかく情報を集めましょう。
特別定額給付金のように申請するだけでお金が貰える場合があります。

 

税金や保険料を納めている私たちは何の気兼ねなく公的支援制度を活用するべきです。
他人を羨むだけでなく、自分も受けられる支援制度を必死に探すことが金欠を回避するために必要な取り組みなのではないでしょうか。