金利が引き下げに伴い、差額分を返してもらう過払い金請求ができます。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

過払い金とは

借金と過払い金のオブジェクト

「過払い金」とは、アナタが貸金業者に対して払いすぎていたお金のことです。
2010年6月の改正貸金業法の施行により金利の上限金額が大幅に引き下げられた結果、一部の貸金業者の間で過払金が発生しました。

 

払いすぎたお金は返して貰えます。そのための手続きが“過払い金請求”です。
しかし過払い金請求は単純にお金が返ってくるメリットがあるだけの手続きではありません。
手続きを行うと発生するデメリットを同時に理解しておき、自身にとっての請求の是非を決めましょう。

 

メリット

お金が戻ってくる

最大のメリットは“お金が返ってくる”ということです。
当時の出資法は最大利息29.2%、現在の利息制限法の最大金利は20%なので、その差を比較しても実に9.2%の過払い利息が発生しています。
当時の借金をゆっくり返済していた人ほど利息を払いすぎている可能性が高く、戻ってくるお金は大きくなる見込みです。

 

返済中でも可能

過払い金請求は払いすぎた利息を取り返すための手続きです。払いすぎていた事実があれば、その時点で返金の請求ができます。つまり“借金を返済中でも過払い金請求によりお金を取り戻すことができる”のです。

 

返済中に過払い金を取り戻した場合、そのまま残りの借金額に充てられるため返済が楽になります。
過払い金の額によっては借金の完済も夢ではありません。
返済が苦しい状況では過払い金請求の選択肢を視野に入れましょう。

 

デメリット

ブラックリストに載る

過払い金請求の最大のデメリットは“ブラックリストに載る”ことです。
ブラックリストとはいわゆる比喩表現で、信用情報に傷が付くことを指します。
信用情報は個人の社会的地位に直結する重要な要素で、一度傷が付けば5~10年といった長い単位で金融商品の利用に不自由が生じるのです。
過払い金請求をする際は、かならずブラックリストに注意しなければいけません。

 

クレジットカードが作れなくなる

ブラックリストに載った結果、最も日常的な弊害として“クレジットカードが作れなくなる”という不自由が生じます。
過払い金請求を行った際のブラックリスト掲載期間は最大で10年です。
ブラックリストから記録が削除されるまではクレジットカードのない生活を送らなければいけないという覚悟をしておきましょう。

 

貸金業者が利用できなくなる

クレジットカードの作成と同様の理由で、貸金業者も利用できなくなります。
特に過払い金請求を行った貸金業者に対しては、ブラックリスト掲載期間が過ぎた後も新規の借り入れはできません。
二度と借金をしない覚悟で手続きを行う必要があるのです。

 

ブラックリストに載らない場合もある

ブラックリストと書かれたファイル

デメリットに一貫していえるのはブラックリストの存在です。
しかし過払い金請求を行ってもブラックリストへの掲載を回避する方法があります。それは“完済後”に過払い金請求を行う方法です。

 

借金返済中の過払い金請求は債務整理の扱いになるのでブラックリストへの掲載は避けられません。
しかし完済後ならば債務整理に該当しないため、ブラックリストに掲載されなくて済みます。

完済後に過払い金を請求するならば、上記のデメリットを考える必要はないのです。

 

仕組みを理解した上で行うべき手続き

過払い金請求をすれば払いすぎたお金が返ってきます。
しかしブラックリストに載る可能性もあるため、自身の借金状況と過払い金請求の特徴を理解して手続きを行わなければいけません。
メリット・デメリットを理解した上で自分に最も適した手続きだと判断した場合に、オススメされる手段なのではないでしょうか。