お金を使いすぎてしまうなら、他人に管理を任せてみても良いでしょう。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

お金の管理を家族に任せる

コインが不規則に積まれている

世の中には、お金を上手に運用できない大人がいます。
独身で自由にお金を使える場合ならまだ構いません。しかし結婚して子供が生まれている家庭においてさえ珍しくないため、非常に悩ましい問題です。

 

仮に自分自身でお金の使い方への悩みを自覚しているならば、“家族にサイフを預ける”ことを検討しましょう。
既婚者なら配偶者に、独身なら親に預けても構いません。時には恥を忍んででも、家族を頼る試みが必要です。

 

自分でお金を管理しないということ

メリット

まず夫婦間で配偶者にお金を預ける場合、お金の管理が一元化して家計単位での収支管理が容易になります。
場合によっては家計が洗練され、無駄を省いて多くの貯金が生まれるかもしれません。

 

独身者が家族にお金を預ける場合は圧倒的に無駄遣いがなくなります。
親の考え方によってはしっかりと貯金する分のお金を分けておいてくれるため、自分で管理するより将来の自分のためになる選択肢です。

 

デメリット

夫婦間で配偶者にお金の管理を委ねる場合、管理方法で意見が分かれる恐れがあります。
自分で管理できない恥を忍びながらも、管理方法をはしっかりと協議重ねましょう。
独身者が家族に預ける場合も同様で、自分の交際関係や趣味への投資に対してあまりに窮屈さを感じるようならば、管理方法を打診する必要があります。

 

お小遣い制の家庭は少なくない

配偶者にお金を預けきって毎月お小遣いを受け取る家庭は少なくありません。
一般的なビジネスパーソンの家庭において、お小遣い制の割合は実に60%という結果もあります。
お金を管理できない配偶者に連れ添っている訳ではなくとも、お金を効率的に管理するためには1人が家計を完璧に把握している方が有効的という意見も多いのです。

 

自分で稼ぐのも1つの手段

お小遣い制の場合、金額に対して不満を感じることで家族との不仲の原因になる恐れがあります。
そのような場合の救済措置として“家事の手伝いをしたらお小遣いアップ”などの優遇措置を取りましょう。
本当にお小遣いが欲しい場合は努力次第でお金を稼げる上、家族の負担減にも繋がります。

 

副業が許可されている会社に勤めている場合は、アルバイトや業務委託で仕事を増やして収入を増やすのも有効です。
適度にお金を使いたくなる時間を消費することができる上、本業に生かすためのスキルアップもできます。

 

 

貯金だけは家族が管理する方法もOK

収支管理の全てを握るのが負担になる場合は、貯金だけでも管理能力の高い家族に任せてみましょう。
あまり管理されている意識がないままに、将来的な家計の余裕に繋がります。
それでも使いすぎてしまう恐れがなくなった訳ではないため、同時にお金の管理能力を養う必要がある点に注意です。

 

お金をコントロールする手段を最大限活用

家族にお金を管理して貰いながら、自分でもお金をコントロールできるように最大限の努力を行いましょう。
例えばキャッシュレス決済を導入することで収支をカンタンに把握し、いかに無駄遣いが多かったか自覚できます。
あらゆるサービスを活用し、管理して貰えなくなる前に自分自身で管理能力を身に付けなければいけません。

 

家族に頼りすぎないように気を付ける

お金の上に乗ったミニチュアの家族

お金の管理を自分でできない大人は、家族にお金の管理を任せてしまうのも1つの手段です。
上手くいけば無駄遣いを大幅に削減し、貯金に繋げられます。
しかし、いずれは自分でお金を管理しなければいけない時が来ます。
その時に路頭に迷うことのないように、自分でも少しずつお金の管理に慣れておく必要があるのではないでしょうか。

 

↓公的機関ではありませんが、一応お小遣い制の割合のエビデンスです。

出典:株式会社ジェイアール東海エージェンシー
ビジネスパーソンの「夫婦」と「共働き」に関する調査 2015