借金がある方は、まず自分の家計の収支を徹底的に見直しましょう。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

借金がある時こそ収支の徹底を

収支のバランス

借金がある人ほど家計の収支に無頓着で、一度借金をしたことにより更なる出費を増やしてしまいがちです。
しかし収入が限られている以上、出費を引き締めなければ金欠状態から抜け出すことはできません。
借金ができてしまった人ほど基本に立ち返り、収入と支出の見直しを行いましょう。

 

収入・支出を見直す方法

まずは収入と支出を見直す方法を確認していきます。
とはいえ決して難しいものではありません。
以下の手段から、自分にできそうないずれかの方法を選んで挑戦してみましょう。

 

家計簿を付ける

“家計簿を付ける”という行為は、基本にして誰もが「やりたくない…」という感情を抱く収支管理の方法です。
しかしその効果は大きく、自分が何にどれくらい使っていたのか可視化するだけでも節約の意識が働き、長い目で見た金欠対策として有効的です。
家計簿に使う冊子に決まりはなく、余っているノートにレシートをペタペタ貼り付けていくだけでも十分に効果が表れます。

 

キャッシュレスにする

家計簿を付けるのが面倒な人は、支払い方法を“キャッシュレス決済に統一する”という方法がオススメです。
キャッシュレス決済の明細は毎月紙面で確認でき、最近ではアプリと連携させれば利用履歴をスマホに保存させることもできます。
収支を管理するという点において、これ以上ない便利なツールとして若者を中心に利用が広まっている方法です。

 

便利ツールを使う

本格的に収支管理を行いたい場合は、プロが作成したテンプレートを活用して専門的な家計簿を付ける方法がオススメです。
お金の専門家である日本FP協会の公式ホームページでは、家計を見直すための本格的なツールとして“バランスシート”のひな形を配布しています。
バランスシートを上手く活用すれば数年先まで見据えた家計管理ができますので、本格志向の方にオススメの方法です。

 

見直しのポイント

checkに向かうカラフルな矢印

次に収入・支出を見直す際のポイントを整理します。
費用項目は細分化すると多岐に渡りますが、大きなカテゴリとして「固定費」「変動費」という2つの視点から見直しのアプローチを行いましょう。

 

固定費の見直し

 

“固定費”は、収入・支出の変化にかかわらず毎月一定の金額が求められる費用です。家賃・ローン・携帯電話の利用料金などが固定費にあたります。
基本的には大きく削減できません。
しかし携帯電話の料金プランに関しては格安SIMなどのプランが整ってきているため、料金を1/3程度に節約できる可能性を秘めています。
時代の流れに応じて、適宜削減できる要素がないか確認しましょう。

 

変動費の見直し

 

“変動費”は、収入・支出の増減によって節約・浪費の選択ができる費用です。食費・被服費・娯楽費などが変動費にあたります。
基本的には変動費は、必要があれば率先して投入すべき費用です。
しかし、節約しようと思えばできる費用が多くある項目でもあります。
メリハリをつけて上手くやりくりすることで家計に余裕を生み出しましょう。

 

口座を分けると収支管理が捗る

収支管理のポイントを見極め、家計簿を付けた後は口座単位で生活費を管理しましょう。
特に“絶対に使わない貯蓄口座”を用意してお金を分けておくことで、節約した分の費用を効果的に貯蓄することができます。
収支管理をより確かなものにするために、新たな口座の開設がオススメです。

 

基本にして最も理論的な金欠対策

収支管理の徹底は、基本にして最も理にかなった金欠対策です。
面倒くさがって手を付けない人が多いですが、だからこそ頭一つ飛び抜けるチャンスともいえます。
収支管理の甘さに心当たりがある場合は、是非ともレシートの保存から始めてみてはいかがでしょうか。