金欠の原因にもなる依存症は、一人で悩まないことが大切です。

LINEで友達登録して
いますぐ相談
年中無休・24時間相談受付
TEL:050-5308-9065

カウンセリングで金欠を解決

ハートと上下する線グラフ

金欠の理由は様々ですが、時に金欠者の精神状態が正常ではないケースが見受けられます。
そのような場合は、精神論や根性論で解決しない場合も珍しくありません。

 

自分の力だけではどうしても金欠状態が解決しない場合は、必要に応じてカウンセリングを受ける必要があります。
まずは金欠状態に陥ってしまう行動を解析することで、金欠の原因への理解を深めましょう。

 

金欠の原因となる行動

衝動買い

単純な金欠の原因として“衝動買い”による、買いすぎが挙げられます。
衝動買い自体は一概に悪癖とはいえませんが、収入を度外視した購買行為は褒められたものではありません。
特に衝動買いによりストレスを発散、若しくは精神の安定を図っているような状況は“買い物依存症”に陥ってる場合が高いため、注意が必要です。

 

リボ払いの利用

クレジットカードの機能として気軽に利用できる“リボ払い”を活用することで、借金地獄と同じ状況に見舞われる人が見受けられます。

 

一見するとリボ払いは支払いを楽にしてくれる便利なサービスですが、返済の仕組みはカードローンと同じです。
利用額が増えれば増えるほど返済が困難になり、金欠からの脱却が難しくなります。

 

生活費の困窮

金欠の原因として“生活費”の困窮が挙げられます。
生活費とは健全な生活を送るために必要な費用であり、基本的には給料で賄えるものです。

 

しかし根本的に低賃金で働かされてしまっている場合は、生活費の支払いすらままならない状況も珍しくありません。
低収入により食費や家賃に追われる生活は、やがて精神に異常をきたす場合もありますので、転職等の対策が必要です。

 

失業・退職

金欠の原因が失業・退職の場合もあります。
ある程度は在職時に蓄えていた貯金で乗り切れるかもしれませんが、無職期間が延びるほど貯蓄は目減りしていき不安は増幅していきます。
最悪の場合はうつ病などの精神病を発症してしまう恐れもあるため、就職支援サービスや専門医の診断を受けるなど、早期の対策が必要です。

 

ギャンブル

金欠状態にある人が最も気を付けたい原因が“ギャンブル”です。
ギャンブルという行為は中毒性が高く、お金がなくてもやめられない人が山ほどいます。あまりにひどい場合は“ギャンブル依存症”を疑わなければいけません。
ギャンブル依存症は自然治癒がほとんどできない病気で、専門家からは“不治の病”といわれています。

 

依存症にはカウンセリングが有効的

通帳を見つめる女性

金欠の原因を究明している内に、いくつかの“依存症”が見受けられました。
依存症は特定の行動を“やめたいのにやめられない”心理状態で、根性論や精神論だけでは解決しない病気です。
依存症には物質への依存(物体への執着)と行為への依存(特定の行為への拘泥)があります。

 

金欠の原因はどちらを理由にしても引き起こされ、いずれの場合も専門機関を受診して治療を行わなければ回復は見込めません。

 

仮に現段階で依存の症状が見受けられ、金欠に悩まされている場合は早めに“心療内科”や“精神科など、特定の機関の利用を打診しましょう。

 

1人で悩まないことが大切

金欠の原因は様々ですが、あまりに消費行動が活発すぎる人は気づかぬ内に依存症を患っている可能性があります。
依存症は自然治癒しない病気ですので、自覚したら迷わず専門機関を受診してカウンセリングを受けましょう。

 

もちろん自意識で解決できるに越したことはありません。
しかしあまり1人で悩まず、専門家の力を借りてでも金欠の原因を取り除くことは大切な取り組みになるのではないでしょうか。
お金に関する悩みでしたら、弊社で相談を受けることも可能です。これまでの相談事例は以下のページからご覧ください。